ダイエット王子教えて!成功に導くダイエットお悩み相談室

ダイエットの「停滞期」を乗り切るには、どうすればいい?

これまで1万人以上を美ボディに導いてきた、"ダイエット王子"こと小山圭介さんが、ダイエットのお悩みや疑問に答えます!


今回のお悩み
ダイエットをはじめて2か月です。
これまで順調に体重が落ちていたのですが、2週間前から体重が変わらなくなってしまいました。
なんだか、ダイエットのモチベーションが落ちそうです...。
停滞期は、なぜくるのでしょうか? 乗り切るにはどうすればいいのでしょうか?




「停滞期」は、順調なダイエットのために必要な期間

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

「停滞期」がきたということは、あなたのダイエットが順調に進んでいるということなんですよ。だから、自信を持ってくださいね。
急激に体重を落としてしまうと、リバウンドしやすい傾向があります。健康的にやせるために、停滞期は必要なのです。

ダイエットの停滞期の理由には、人間の体に備わっている「恒常性維持機能」の働きが関係していると考えられます。これは、体が外的・内的環境の変化を受けたとき、ホルモンや神経を働かせて状態を一定に保とうとする機能です。

では、イメージしやすいように説明しますね。
ダイエットでこれまでより食事量を減らしたり、運動量を増やしたりすると、体重や体脂肪率が落ち、体が変化します。
脳と心は「もっとやせたい!」と思っているけれど、体としては、「何? 私の一部を、急に変えないで!」と危機を感じるわけです。そうすると、体は現状を維持しようとするので、体重が減りにくくなります。
停滞期の期間、体は「脳さん、心さんが求める体重になれるようにがんばる。でも、いったんペースを落として、今の体重に慣れさせてくれませんか?」と求めているイメージです。
現状の体の状態に慣れて定着すれば、停滞期が終わります。
だから、「停滞期」ではなく「定着期」と言い換え、ポジティブにとらえましょう!



「停滞期」は、次のステージに進むための「定着期」

体重が変わらないと「今日も減らなかった...」と、ネガティブに考えてしまうことがありますよね。でも、「おっ、定着期がきた。体ががんばって追いつこうとしてくれているんだ」と思えば、定着期の間も「今日もキープできた!」とポジティブな気持ちになれます。

定着期は、永遠に続くわけではありません。期間は人それぞれ違い、2~3週間で終わる人もいれば、3か月ぐらい続く人もいます。
これまで、多くの方にダイエット指導をしてきて、定着期が抜けるタイミングがわかることがあります。
それは、「そろそろ、新しいことをしたい」という、意欲が出てきたときです。
そのタイミングで、新しいダイエット法を1~2つはじめてみましょう。
例えば、ウォーキングをやったことがないなら、通勤のときに1駅歩いてみてもいいですね。
新しいアクションが、定着期を抜けて次のステージに進むきっかけになります。

「停滞期」ではなく「定着期」。
そうポジティブにとらえ、前進しましょう!



小山圭介
小山 圭介
ダイエットトレーナー&メンタルコーチ。
ホットヨガスタジオLAVAのプログラム開発を経て、ダイエット合宿施設『LAVAビレッジ伊豆高原』を立ち上げる。これまで1万人以上にダイエット指導を行う。メンタル・食事・運動など、さまざまなアプローチで健康な体をつくるダイエット法を提案している。テレビ、雑誌、WEBなどメディアでも活躍中。
取材・文/掛川ゆり 写真/© liza5450-fotolia.com




ページの先頭へ戻る