今スグマネできる女医&専門家のヘルシー&ビューティー生活

実験でわかった睡眠の大切さ。
第一印象美人になれる秘策は夜にある

healthy_beauty03.jpg
朝起きたときに覗いた鏡で、その日の気分って決まりますよね。同様に、初めて会った人とは、その瞬間の印象で自分の評価が決まるもの。出会った瞬間、素敵だな、好感度が高いな、と思ってもらえる女性になるための秘策を睡眠のプロである睡眠アドバイザーの友野なお先生が教えてくれました。勝負は夜寝るときから始まっています。

朝起き抜けの顔で気分が変わる

寝不足だと、化粧のノリが悪かったり、目の下にクマが出来ていたり、目が真っ赤に充血していたり、イライラしやすく眉間にシワが寄っていたり、表情が暗くなっていたり、顔色が優れなかったり・・・・身に覚えがありませんか?

運命の人との出会い、面接、仕事のプレゼンや営業など、第一印象を良くしたいと思うシーンは日常の中に溢れています。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「人の印象は見た目で決まる」というメラビアンの法則によると、第一印象はわずか3~5秒で決まるそう。しかも、第一印象を決める情報の55%が見た目などの視覚情報が占めており、声のトーンや話し方は38%、話の内容はわずか7%であるというから驚きです。

寝不足は不健康で魅力のない女性をつくる

2010年、英国医学雑誌にちょっとユニークな研究の論文が掲載されました。睡眠が健康と美容に与える影響を調べたもので、対象者は健康な成人23人(18歳~31歳)。顔写真を1人2枚撮影するのですが、1枚は8時間以上睡眠をとった翌日の午後2~3時に撮影。もう1枚は1日目に5時間しか眠らず、さらに2日目は徹夜をして3日目の午後2~3時に撮影します。その後、その2枚の写真を65人の評価者にランダムな順番で6秒ずつ見せ、「健康度」「疲労度」「魅力」を数値で評価してもらうという内容の実験です。

たった1日、2日の睡眠時間の違いにも関わらず、睡眠不足の後の写真は、8時間以上眠った後の写真と比べ、健康度と魅力度の得点が低く、疲労度の得点が高くなるという結果が出ました。

同じ人でも寝不足の状態では、「疲れていそう」「魅力的ではない」「不健康そう」などといったネガティブな印象を周囲に与えてしまうのです。第一印象を覆すにはかなりの努力と時間が必要になるので、できれば最初から相手にはポジティブな印象を残していきたいところ。それが恋愛や仕事における、またとないようなビックチャンスなら尚更です。

表情美人、雰囲気美人は毎日の十分な睡眠から

恋愛も仕事も思い切り楽しみたいと思う多忙で欲張りな女性ほど、夜の睡眠時間はしっかりと確保すべき。これもあれもしたいからと睡眠時間を削っては、本末転倒です。「また逢いたい」と思われる、「一緒にいると楽しくて元気になれる」と愛される素敵な女性は翌日に疲れを持ち越しません。0時には就寝し、どんなに短くても6時間、可能であれば7時間程度の睡眠時間は確保できるような1日のタイムスケジュールを組みましょう。1つ1つの出逢いを、そして一瞬で掴むチャンスを逃さないためにも、まずは自分の「眠り習慣」を大切にしてくださいね。




maruta.jpg
友野なお
睡眠コンサルタント。株式会社SEA Trinity代表取締役、科学でわかる ねむりの環境・空間ラボ主宰。自身が睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を科学的に学ぶ。現在、順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程に在籍し睡眠を研究。日本睡眠学会、日本睡眠環境学会に所属。行動療法からの睡眠改善、快眠を促す寝室空間作りを得意とし、全国での講演活動も行う。著書『疲れとり足首ウォーマー』(KADOKAWA)「やすみかたの教科書」(主婦の友社)等。
写真/© hanack-fotolia.com


ページの先頭へ戻る