今スグマネできる女医&専門家のヘルシー&ビューティー生活

女医が実践中のヘアケアレシピで
春に起こりがちな髪のトラブルを予防!

beauty07_main.jpg
最近髪の毛がパサパサしている、まとまりにくい、フケが出る、かゆみがある、など春ってなんとなく髪の毛や頭皮が不調な気がする、と感じている人がいるかもしれません。じつはこの時期はトラブルが起こりやすい時期なのだそう。医師の丸田佳奈先生が日ごろから実践しているヘアケア法を教えてくれました。

シャンプー前のケア、シャンプー後のケア

実は春は髪の毛のトラブルが増える時期と言われるのを知っていますか。紫外線によるダメージ、皮脂の増加、頭皮の臭いやかゆみ、フケの増加、抜け毛の増加など、他の季節よりもトラブルが増えやすいんです。
その原因は、紫外線の増加、気温の上昇、生活の変化、送別会や歓迎会などの暴飲暴食、新しい環境や忙しさからくるストレス、ホルモンバランスの乱れなど、この季節特有のものが多いのが特徴です。

正しいケアで、お出かけに自信が持てる髪の毛を保ちたいものです。

髪の毛を洗う前に、まずていねいにとかします。髪の汚れが落ちやすくなるだけでなく、洗髪時の髪の毛の絡まりや傷みも防ぐことができます。

beauty07_01.jpg
私はシャンプーの後のホームケアを使い分けています。リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを理解して使い分けている人は意外に少ないのではないでしょうか。

リンスは髪の補修作用はなく、パサパサを予防したり手触りをよくしたりするので日常使い向きです。トリートメントは髪の毛の内部補修作用は強いですが、その分仕上がりが重い感じになってしまいます。コンディショナーはその中間。ボリュームのある髪型にセットする際はリンスやコンディショナーにしたり、トリートメントは毎日使用しない、雨の日は避けるなど、ヘアスタイルや髪のコンディションによって上手に使い分けられると、よりよい髪の状態を保てます。

ホームケアでは限界があるので、月に一度はサロンでのトリートメントとヘッドスパをしています。プロによるしっかりとしたヘアケアと頭皮ケアは美髪には欠かせません。また、サロンで施術してもらうことで、髪の状態を毎月みてもらい、適切なヘアケアのアドバイスももらえます。

ドライヤーで髪の毛を乾かす際は、温風と冷風を交互にあてながら乾かします。温風後に冷風を髪にあてることで、過熱によるオーバードライを防ぎ髪が傷みにくくなるだけでなく、キューティクルを引き締めて髪に艶を出す効果もあります。髪のセットもしやすくなります。

食事も髪の毛の健康に影響する

髪の毛によい食べ物として、よく「わかめ」など海藻が言われます。たしかに海藻に含まれるミネラルは髪の毛にとってよい成分です。しかし、髪の毛の主な成分はタンパク質。美髪を目指すには、良質なタンパク質もしっかりと摂る必要があります。

おすすめの食材は卵です。卵はタンパク質だけではなくビタミンなど髪に良い成分の宝庫です。また、ホルモンバランスの改善も期待できます。食べ方は半熟がおすすめ。卵黄に多く含まれているビタミンは熱に弱いので生食がよいです。一方で、抜け毛や白髪を予防するビオチンという成分が卵黄に含まれているのですが、ビオチンは生の卵白と一緒に食べると吸収が悪くなってしまうのです。ですから、卵白は加熱されている方がベスト。半熟卵や温泉卵、黄身がトロッとした目玉焼きなど、白身には火を通し、卵黄には火を通さずにいただきましょう。

beauty07_02.jpg
髪の毛が美しいとよりかわいく見えます。髪の毛も体の一部。適切なケアで春からのおしゃれ度をアップさせましょう。




maruta.jpg

丸田 佳奈

2007年度『ミス日本』。
現役(総合周産期母子医療センターに勤務)の産婦人科医という立場を生かし、 テレビやラジオ、雑誌等メディアを通じ、時には医療サイドの現場にいる医師として情報を皆様に発信している。美に関する情報も発信中。

写真/©kei907-fotolia.com、©279photo-fotolia.com、©Reika-fotolia.com


ページの先頭へ戻る