国際中医師発 不調知らずの体になる!季節の薬膳レシピ

春のストレスには「紫蘇とたまねぎ」で気巡りUP

yakuzen09_main.jpg
3月4月は環境の変化が著しい時期であったり、仕事が特に忙しかったり、と精神的にも落ち着かないですね。そんなとき、薬膳的にぜひ口にしたい食材が紫蘇とたまねぎなのだそう。国際中医師・岡央知子さんにそれぞれの食材の効能とじょうずなとり方、レシピを教えていただきました。

春は「肝」の働きが活発化

三寒四温。3月になり、ポカポカと春らしい日が増えてきまました。新生活を迎える人もいて、気持ちがウキウキする時季ですが、実は3月は自殺が最も多い月だということをご存じですか? 「受験、卒業、就職などで生活が変わるから」と思うかもしれませんが、この傾向は日本だけではないとのこと。不思議ですね...。

春にメンタルを傷めてしまう理由は、中医学的に考えると納得できます。中医学では、春は五臓の「肝」の働きが旺盛になる季節。肝は肝臓の肝ですが、それと同時に気の巡り、つまりメンタルに深くかかわる臓腑とされています。春になると、肝が急激に活発になるため、イライラ、モヤモヤが募ってしまうのです。心当たりはありませんか?

それを防ぐには、気の滞りをパーッと発散させることがいちばん! でも、まだまだ寒い3月。身も心も縮こまっていますから、なかなかそれがかないません。最近、ちょっとしたことにイライラしたり、ネガティブな気持ちになったりするとしたら、それは気の流れが失調しているからなのかもしれません。

発散させて巡らせる最強ペア

そんな今の季節には、何を食べればいいのでしょう。おすすめは紫蘇とたまねぎです。
薬膳では、紫蘇は、発散させる作用のある食材。かぜをひいたときにもすすめますが、爽やかないい香りは、鬱々とした気を発散させるのにも有効です。他にも、消化機能を整えたり、魚や蟹の毒を消したりと、さまざまな効果があるとされます。新しい研究では、紫蘇にはアレルギー症状を緩和する物質が含まれることが判明。花粉症の人の中には、紫蘇のジュースやお茶を飲む人も多く、今の時期の不調に心強い存在といえるでしょう。

たまねぎは、気の巡りを促す食材。停滞した気の流れを助けてくれ、ストレスやストレスによる消化機能の低下に有効とされます。また、たまねぎの辛味成分である硫化アリルは、血液をサラサラにする作用が。寒さで縮こまっていた体の気と血の巡りを助ける食材として、積極的にとりたいですね。

紫蘇とたまねぎは、五味に分類すると、どちらも辛味がある食材。辛い味は体を温め、発散を促す性質があります。春とはいえ寒さが残るこの時期には、体を温める意味でもうれしい食材ですね。

何かとストレスを感じやすいこの時期は、忙しくしすぎず、時間と気持ちに余裕をもって過ごすことが大切。予定がいっぱいの日も、少しでいいのでホッと一息つく時間をもちましょう。リラックスには、紫蘇と同様に香りのいいジャスミンティーを飲んだり、柑橘類の香りを取り入れたりするのもおすすめ! 香りのパワーと気巡り食材でこまめに緊張を取り除き、毎日をスッキリ気分でお過ごしください。



紫蘇とたまねぎを使ったおすすめレシピ

トロトロたまねぎのポトフ
1人分239kcal


yakuzen09_01.jpg
    材料(2人分)
  • たまねぎ 2個
  • セロリ 1本
  • ベーコン(ブロック) 80g
  • コンソメキューブ 1個
  • ローリエ 1枚
  • プチトマト 6個
  • 塩・こしょう 少々
  • イタリアンパセリ 少々



    つくり方
  1. (1)たまねぎは上下を切り落とし皮をむく。セロリは葉を切り分け、茎は大きめに切り、葉の部分はタコ糸でしばっておく。ベーコンは4等分に切る。
  2. (2)鍋にたまねぎ、セロリ、ベーコンを入れ、かぶるくらいの水(分量外)とコンソメ、ローリエ、しばったセロリを入れて火にかける。沸騰するまでは強火、沸騰したら火を弱め、アクをとりながら20分コトコト煮る。
  3. (3)(2)のセロリの葉の部分のみを取り出し、ヘタをとったプチトマトを加えてさらに10分煮たら、塩・こしょうで味を調える。
  4. (4)器に盛り、イタリアンパセリを添える。



薬味たっぷりごちそう茶漬け
1人分385kcal


yakuzen09_02.jpg
    材料(2人分)
  • 紫蘇 2枚
  • みょうが 1個
  • 万能ねぎ 1.5本
  • 三つ葉 少々
  • 市販の漬けもの(しば漬けなど)適宜
  • ごはん 大盛り2膳分
  • しらす 50g
  • 白ごま、わさび 各適宜
  • 緑茶 適量


    つくり方
  1. (1)大葉、みょうがは千切りに、万能ねぎは小口切り、三つ葉、漬けもの類は細かく切る。
  2. (2)大ぶりの茶碗にごはんを盛り、(1)の薬味と残りの材料をのせ、お茶をかけていただく。



たまねぎとキャベツの香りステーキ
1人分215kcal


yakuzen09_03.jpg
    材料(2人分)
  • たまねぎ 1個
  • キャベツ 1/4個
  • にんにく 1片
  • バター 10g
  • サラダ油 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1~2
  • 黒こしょう(粗びき) 少々
  • パセリ 少々



    つくり方
  1. (1)たまねぎは上下を切り落としてから皮をむき4等分の輪切りにして、バラバラにならないようにつまようじを指して固定する。キャベツは芯を残したまま縦に4等分する。にんにくは繊維に対して直角にスライスする。
  2. (2)大きめのフライパンにサラダ油(大さじA)を熱し、たまねぎを入れ中火で5~6分、返してふたをして弱火で5~6分焼き、皿に取り出す。サラダ油(大さじA)を追加し、キャベツを入れて、強火で1~2分、裏返してふたをして中火で1~2分焼き皿に取り出す。
  3. (3)(2)で使ったフライパンに、サラダ油(大さじ1)、バターとにんにくを入れて、香りが出たらしょうゆを加えソースをつくる。(2)のキャベツとたまねぎをフライパンに戻し、ソースとあえる。
  4. (4)皿に盛りつけたら、こしょう、パセリを散らす。



岡央 知子

岡央 知子

国際中医師、国際薬膳師、漢方養生指導士(上級漢方スタイリスト)、養生気功インストラクター、肥満予防健康指導士。長年、フリーランスの編集者、ライターとして数々の雑誌、単行本の編集、執筆を行う。主なテーマは美容、健康、スポーツ。仕事を通じて出会った漢方、薬膳、中医学の世界に関心をもち、薬膳、気功の勉強を始める。趣味はランニングで、マラソン歴は14年。



写真/安井真喜子


ページの先頭へ戻る