目標達成できる自分になるためのやる気の育て方!【森川陽太郎連載第1回】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

belkos/shutterstock.com


何かを成し遂げようと思うとき、誰もが目標を立てます。でも、ただ目標を立てただけではなかなか成功に結びつきません。OKラインメンタルトレーナーの森川陽太郎さんに、目標を達成するためのやる気の育て方について、教えていただく連載がスタートします。

自分の幸せと目標がつながっているかを確認する

こんにちは、メンタルトレーナーをしている森川陽太郎といいます。

私はリコレクトとうい会社でビジネス、スポーツ、ダイエットなど様々な分野の目標達成のサポートをしてきました。

この連載では、多くの方の目標達成をサポートする中でポイントになってきた”やる気”についていろいろとお話ししていきたいと思っています。

news17050720_02.jpg

belkos/shutterstock.com


目標を立てたときにやる気が長続きするものと、長続きしないものの違いの1つにその目標が自分の幸せとつながっているかどうかということがあります。

例えば、

10kg痩せる!

という目標を立てとき、最初はやる気があったけど段々とやる気がなくなってきていつの間にかやめてしまう。

そんなことをよく耳にします。

10kg痩せるという目標を立てたときに、漠然と10kg痩せたらいろんなことが変わるはずと考えスタート。

しかし、これではダイエットに対してのやる気は育ちません。

それどころか、いつの間にか目標がツラくて苦しいものになってしまい、やる気がなくなってしまいます。


そこで考えて欲しいことは、10kg痩せるということはどんなふうに自分の幸せにつながっているのかということです。

つまり痩せるための目的をはっきりさせるということ。


なんで10kg痩せたいのか? その目的はなんなのか?

モテたい、恋人をつくりたい、着たい洋服がある、自信が欲しいなどなど、さまざまな動機があるのではないでしょうか?

news17050720_01.jpg
Africa Studio/shutterstock.com


仮に10kg痩せる目的が”恋人をつくりたい”だったとします。

そこで、もう一度なんで恋人が欲しいのかを考えてみてください。


なんで恋人が欲しいのかな?

自分のことを理解してくれて、一緒に人生を歩んでいける人がいる安心感が欲しいんだ。

というような答えが出たとします。


この答えと、最初に立てた目標の10kg痩せるということはどのくらい自分の中でつながっているでしょうか?

目的の目的がわかった上でもう一度最初の目標を立て直してみましょう。

最初に立てた目標と同じ目標になるのか、それとも全く違う目標になるのかを照らし合わせてみてください。

同じものになる人は最初に立てた目標がしっかりと自分の幸せにつながっているということになります。

最初に立てた目標とは違う目標が出てきた場合は、今回新しく出てきた目標が、より自分の幸せとつながっている目標ということになるのでやる気も育てていきやすくなります。


やる気を継続させて目標達成をするためには、まずは自分の幸せがなんなのかを知ることが大切です。

目標を立ててもなかなかそれが達成できないなと感じている人は、ぜひ一度、自分の幸せについて考えてみてください。



森川 陽太郎

森川 陽太郎

OKラインメンタルトレーナー。1981年東京生まれ。元サッカー選手。26歳で引退。その後、心理学やメンタルトレーニングを学び、27歳で株式会社リコレクトを設立。「OKラインメンタルトレーニング」という独自のトレーニング方法で、トップアスリートや子ども、企業向けに「結果を出す」ためのメンタルサポートサービスを展開。現在は、アメリカ女子ゴルフツアーに帯同しながら、世界中で活躍する様々な競技のアスリートをサポート。

PickUp

Sponsored

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る