TOKIO・城島もお試し!? 食品を使った自作フェイスパック

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

BaLL LunLa/shutterstock.com



もっちりと潤い、ハリのある美肌をキープするために役立つフェイスパック。化粧品メーカーから発売されているものもたくさんありますが、中には自作する人もいます。今回は、食品を使ったフェイスパックをご紹介。自分に合いそうなものがあったら試してみてくださいね。

TOKIOの城島茂も試した「片栗粉パック」

news17040602_01.jpg

Sea Wave/shutterstock.com


2月5日に放送された「ザ! 鉄腕! DASH!!」(日本テレビ系)では、TOKIOのリーダーこと城島茂さんがユリ根から作った片栗粉を使い、パックを作って試していました。片栗粉パックのつくり方は簡単で、片栗粉に水を混ぜて加熱するだけ。42度前後が適温なので、ある程度冷ましてから顔に塗るようにしましょう。

目元をパックした城島さんは、あくまで個人の感想とした上で「視界がハッキリした!」「癒しの効果がある気がする」と発言。テレビを観て城島さんと同じように片栗粉パックを試して効果を感じた人からは、「ワントーン明るくなった」「保湿効果があるみたい」という声がTwitter上で上がっています。片栗粉パックで使うものは水に限らず、砕いたアーモンドと牛乳を混ぜたり、お肌に良いとされるビタミンCを含むお茶と一緒に使うという人も見受けられました。


手軽に作れる定番の「ヨーグルトパック」

news17040602_02.jpg

Joe Besure/shutterstock.com


無糖のプレーンヨーグルトを使う「ヨーグルトパック」は、愛好者が多い食品パック。混ぜるものも「オリーブオイルを2、3滴」「ハチミツと塩を少し混ぜる」「ヨーグルト+ベビーパウダー+はちみつ」といった声があるように多種多様。保湿や美白など、得たい効果によって混ぜるものを変えている人が多いみたい。

ヨーグルトパックは、塗って5~10分放置してから洗い流せばOK。「すごいつるつるモチモチになった」「肌が白くなって毛穴の黒ずみが減ったかも」と肌効果を感じた人もいるようですが、中には「肌荒れにきくかと思って試したら逆効果…」なんて人もいるので、試すのはお肌の調子が良い時にしましょう。

香りが良いのもうれしい「フルーツパック」

news17040602_03.jpg

Nitr/shutterstock.com


ペースト状にしたりんごにハチミツを混ぜる「りんごパック」や、バナナにオリーブオイルなどを加える「バナナパック」、クリーム状にしたアボカドにハチミツを加えた「アボカドパック」などのフルーツパックは、効果もさることながら香りが良くて人気。体験者からは「りんごパック超いい匂い」「バナナパック、香りが癒され過ぎてやばい」という声が上がっています。

逆に、豊富なビタミンCを含むじゃがいもをすりおろし、シートマスクの上からのせる「じゃがいもパック」は「土くさい…」「芋臭くてつらい」と香りが不評のよう。鼻が敏感な人はやめておいたほうが無難かも。

どの食品にも言えることですが、心配なのはアレルギー。パックするときはいきなり顔に塗るのではなく、腕の内側など皮膚の柔らかいところに塗って、異常がないか試してから使うようにしましょうね。



文/プリマ・ドンナ

PickUp

Sponsored

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る