寝転がって脚を交差させるだけ!お腹スッキリエクサ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日のエクササイズに腹筋を引き締めるメニューを取り入れている人はたくさんいることでしょう。ところが腹筋というのはいくつかのパーツで構成されている筋肉のため、全体にまんべんなく刺激を与えるのはなかなか大変です。
そんな腹筋に効果的に刺激を与えられるエクササイズをコンディショニング・トレーナーの桑原弘樹先生に教えてもらいました。

 とくに鍛えるのが難しいのは腹筋の下部

桑原弘樹先生いわく「私は、普段寝ている筋肉、つまり、あまり動かしていない筋肉を『休眠筋』と呼んでいるのですが、この腹筋下部も『休眠筋』になってしまっている人が多いのです」とのこと。腹筋の下部はとくに鍛えるのが難しい場所でもあるのです。
そんな眠っている腹筋下部を目覚めさせるのが、次に紹介する2つのエクササイズです。

 ハサミのように脚を動かす! サイド・シザーズ

1.床にあお向けになります。
2.両ひじを床につけて上体を軽く起こし、両脚をぴんと伸ばして上げ、左右に大きく開きます。
3.開いた状態から、今度は両脚をクロスさせます(写真)。
4.この脚の開閉を20回繰り返します。

「シザーズとは、ハサミのことです。ハサミを開閉させるように脚を動かします。脚をあまり上方に上げすぎるときついうえに、負荷が逃げてしまいますので気をつけて」(桑原先生)

 自転車をこぐように脚を動かす! バイシクル

1.床にあお向けになります。
2.上体を軽く起こし、両脚を上げ、自転車のペダルをこぐような感じで、空中で大きくぐるぐると動かします。
3.この脚の動作を60秒続けます。

「疲れてくると、両脚をただ押し上げる格好になってしまう人がいますが、バイシクルですから、必ずぐるぐるとこぐように。ゆっくりと動かしたほうが効果はアップします」(桑原先生)

サイド・シザーズとバイシクル、どちらも意識的におなかにぐっと力を入れて行いましょう。
2つ続けて行うとより効果的ですが、姿勢に無理がある場合などで首が痛む時は休むなどして、自分のできるペースでチャレンジしてください。

桑原 弘樹

桑原 弘樹

〈桑原塾〉主宰。多くのアスリートにコンディショニング指導を行うほか、スポーツ・サプリメントの開発にも携わる。
【関連記事】
桑原塾

文/鈴木みずほ

PickUp

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

食事・栄養

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

ページの先頭へ戻る