今日はどうしても無理... そんな日でも「筋トレをしたことにする」筋トレ継続のコツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日やらなきゃ、と思ってもなかなか続けられないのが筋トレ。せっかくつけた筋肉も、しばらくサボってしまうといつの間にかリセットされてしまうかもしれません。そこで、モチベーションを保って筋トレを長く続けるためのコツや工夫を紹介します。

筋トレはすぐに始めない! まずやるべきこととは?

筋トレに大切なのは、なんといっても正しい知識です。筋トレを始める前に、正しいフォームや栄養について、まずはひたすら勉強してみましょう。筋トレの効率が上がり、ケガを防ぐことはもちろんですが、こんな器具があるなら早く試してみたい! このフォームならピンポイントで気になる場所に効きそう! というように筋トレへのモチベーションを溜めて、一気にスタートダッシュするのに役立ちます。

筋トレに焦りは禁物ですが、鍛えられているのか全然わからなくてやめてしまった、という人もいるようで、効果が見えないとなかなか続けにくいものです。正しい知識で効率を上げることで、少しでも効果を実感できるようにしましょう。

目標は具体的+イメージ

いざ筋トレを始める時には、まず目標を立てることが大切です。わかりやすいのは数値目標ですが、最近は体重や体脂肪だけでなく、筋肉量や筋肉の質までも測れるような測定器もあります。また体重計に乗るだけで、そのデータがスマホのアプリと連動して、自分で記録せずに自動的に記録してくれるというスグレモノも。目標達成のために、便利な機器を導入してみるのもいいかもしれませんね。

“体脂肪〇パーセント”という具体的な目標も重要ですが、“こんなボディになりたい”“あの芸能人みたいなくびれが欲しい”というように、イメージを固めることも筋トレを続けるコツ。なかには、カッコイイ筋肉のモデルの写真を切り抜き、それを見ながら筋トレをしている、という声もあります。なりたい姿が具体的に思い浮かべられるからやる気が出る! と、効果はてき面のよう。また、筋トレが大成功した後の自分の姿を強くイメージするのも有効です。中には、筋トレして美ボディでモテモテになったところを想像してる、なんて人もいるようです。

今日は無理… そんな時は

時には、忙しすぎて今日はどうしても無理! という日もあることでしょう。そんな日には、“筋トレをしたことにする”という方法も使えるかもしれません。一分間お尻を引き締めてみるなど、すぐに終わる運動を取り入れて“筋トレが続いている”という思い込みを自分で作ってしまいましょう。今日はダメだったから予定を立て直してまた来週から…なんてことを考えずに、また明日から筋トレの続きに入ることができます。もちろん休息も筋トレの内ですから、体を休ませる日をあらかじめ設定しておくことも大切ですよ。

文/プリマ・ドンナ 写真/森崎一寿美 モデル/米持愛梨 ヘア&メイク/坂部めぐみ<メーキャップルーム> 衣装/タンクトップ¥4400、ブラトップ¥4200、黒レギンス¥6200/Hurley(☎03-5412-1781)

PickUp

Sponsored

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る