冷え性さん必見! 代謝アップ・冷え改善に効果的なストレッチ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

冷えは多くの女性が悩む症状ですが、「女性なら当たり前」「体質だからしょうがない」と、改善することをあきらめている人も多いのではないでしょうか。冷房の効きが気になる季節を前に、ストレッチによって体のなかから温まる体づくりをしてみませんか?

狙いは多くの熱を生む大きな筋肉

靴下やひざかけなどを使い、外から体を温めることも冷え対策の1つですが、私たちの体のなかには熱をつくり出す組織があります。それが筋肉。

筋肉がつくり出す熱は、体全体がつくる熱の30〜40%を占め、その量は大きな筋肉ほど多くなります。今回は、太ももやお尻などの大きな筋肉を刺激して、手っ取り早く体を温めるストレッチを紹介。締めくくりに呼吸法で心身の緊張をほぐして血流を促します。

大きな筋肉を動かすことは、基礎代謝の上昇にもつながるので、これらのストレッチは、「いま」と「将来」の冷えを改善するメニューともいえます。


下半身の大きな筋肉の発熱を促す

【1】
news17042521_01.jpg足を横に大きく開き、つま先を少し外側に向けます。上体を前に倒し、両手をそれぞれひざの上につきます。ひじ、ひざは伸ばしておきましょう。


【2】
news17042521_02.jpg上体を少し起こしながら、ひざを曲げて腰を落とします。ひざをつま先と同じ方向に向けたまま、落とせるところまで腰を落としたらここでラクに呼吸をしながら10秒キープ。
1に戻り、これを3回くり返します。


腹筋や背筋など一度に多くの筋肉を刺激

【1】
news17042521_03.jpg足を腰幅より広く開いて立ちます。ひじを曲げて、両手を頭の後ろで組みます。ひじは外側に向けましょう。


【2】
news17042521_04.jpg上体を右側に倒し、右ひじを床に向けます。お尻の左側は外側に突き出すようなイメージで。
ここでラクに呼吸をしながら10秒キープ。1に戻り、反対側も同様に。これを3回くり返します。


深い呼吸で全身に血液をめぐらせる

【1】
news17042521_05.jpg床にあお向けになり、両ひざを立てます。足は腰幅に開き、両手はおへその上あたりで重ねておきます。
鼻から3〜4秒かけて息を吸い、お腹をふくらませます。


【2】
news17042521_06.jpg続けて、口から5〜6秒かけて息を吐き、お腹をしぼませましょう。
これを5セットくり返します。

冷房の影響で、夏こそ冷えがつらいという女性も多いようです。眠りの質を低下させるため、冷えが夏バテの引き金になることも。

ストレッチによって体をなかから温め、元気で冷えない夏を過ごしましょう。



坂詰 真二

坂詰 真二

スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。25年以上にもわたるプロトレーナー活動のほか、書籍・雑誌の監修など各メディアで活躍。著書に『1日3分で筋肉は作れる!! 坂詰式 正しい「筋トレ」の教科書』(カンゼン)など。

撮影/徳永徹 モデル/蒼木まや(ニュートラルマネジメント) 文/馬渕綾子 衣装協力/ミズノ

PickUp

Sponsored

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る