健康的な生活は睡眠から! 睡眠時間管理に役立つiPhoneの機能「ベッドタイム」とは

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかりと睡眠をとることは、健康を維持する上で必要不可欠。できれば毎日決まった時間に眠り、決まった時間に起きたいものですよね。ウィークデーに一定の起床時刻をキープし続けることは可能かもしれませんが、就寝時刻はバラバラ...なんて人も少なくないのでは? そんな時には、SNSでも話題のiOS 10の機能「ベッドタイム」が役に立ちそうです。

iOS 10「時計」アプリの機能「ベッドタイム」

「ベッドタイム」は、いくつかの設定をすることで健康的な睡眠をとれるように管理してくれる機能。iOS 10の「時計」アプリに搭載されました。よくある目覚まし・アラームアプリは起床時刻を設定し、その時間になったら音またはバイブが鳴るだけなのですが、ベッドタイムの機能はそれだけではありません。何時間の睡眠が必要か? 何分前に就寝時刻のリマインダーを受け取りたいか? という質問に答えると、寝る前にも就寝時刻が来たことをお知らせしてくれるのです。

この機能に対して「リマインダーが来ると、そろそろ寝ようって意識できる。前より少し早寝になったよ」「狙った睡眠時間を保つためには意外と早く寝なきゃならんことに気づけただけでも儲けもの」という声が上がっています。

リマインダーは寝る直前~1時間前まで、15分刻みで受け取る時刻を設定することができるので、「15分前に鳴らす。そしてトイレに行って一息ついて寝る」「明日の洋服を選んだり、歯磨きしたりしたいから30分前がいい」など、自分のライフスタイルに合わせて利用可能です。

また、アラームは曜日ごとに選択し、OFFにすることができます。ただし、その曜日が祝日であってもアラームは鳴ってしまうため「休みなのにいつも通り鳴るベッドタイム…」「ムダに早起きしてしまった。ちゃんと起きるのが健康につながるってのはわかるけど、休みの日はもうちょい寝ていたい」という人も。今後、アップデートで改善されることに期待がかかりますね。

「ヘルスケア」と連動

iOS 10には、自分の健康を把握できるアプリ「ヘルスケア」も搭載。「ヘルスケア」の中の「睡眠」というカテゴリーには、就寝時刻と起床時刻をグラフ化し、日々の睡眠時間を記録してくれる「睡眠分析」という機能があります。

自分の睡眠パターンを視覚的にチェックできるこの機能には「これはすごく便利! 生活リズムを気にかけられる」「個人的に大ヒット。いつでもデータを見られるし、自己管理できる」という声が上がるなど、生活リズムの管理に役立てているという人が多く見られました。もちろんiOS10が入っていれば無料で使えます。健康的な生活を送るための睡眠管理、あなたも始めてみませんか?


文/プリマ・ドンナ 写真/ⓒnaka – fotolia.com

PickUp

Sponsored

10日でお腹-3㎝! 友人に「痩せた?」と言われた「腸活キャベツ」ダイエットレポート

食事・栄養

10日でお腹-3㎝! 友人に「痩せた?」と言われた「腸活キャベツ」ダイエットレポート

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

食事・栄養

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

ページの先頭へ戻る