忙しい時期は要注意! デリケートゾーンがかゆい! 女性の5人に1人は発症するカンジダ膣炎とは?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の5人に1人は発症するといわれているカンジダ膣炎。どこにでもいるカビの一種であるカンジダ真菌が原因で起こる症状で、免疫力が下がるだけで誰でも発症する可能性があります。そこで、このカンジダ膣炎の原因や症状、治療方法などをパークサイド広尾レディスクリニックの風本真希先生に伺ってきました。

カンジダ膣炎の原因は?

「女性なら避けては通れないデリケートゾーンのかゆみ。このかゆみの原因で一番多いのがカンジダ膣炎です。これは、いわゆるカビの一種であるカンジダ真菌が膣内で異常に増殖して起こるもの。

このカンジダ真菌は弱毒菌であり、健康な状態であればそこまで悪影響はありません。腸内や皮膚などどこにでもいるので、たまたま膣内に入ることもあります。ただ、免疫力が低下することで一気に増殖。男性が発症することもありますが、性器が体内にあり、ムレやすくカビの温床になりやすい女性のほうがかかりやすい病気です。

膣内は通常、デーテルライン桿菌(かんきん)という常在菌によって酸性に保たれ、雑菌の繁殖を抑えられています。しかし、抗生物質の使用で常在菌のバランスが崩れたり、疲労やストレス、妊娠、生理前や糖尿病などで免疫力が低下することで、カンジダ真菌は増殖してしまいます」(風本先生)。

自然治癒することもあるカンジダ膣炎

「免疫力の低下で発症しやすいカンジダ膣炎ですが、症状が軽い場合は、免疫力が高まれば自然に治ってしまいます。デリケートゾーンがかゆかったけど、翌日にはかゆみを感じなくなったという場合は、自然治癒力で治っているケースです。免疫力を高めるためにも、日ごろから栄養バランスのいい食事や十分な睡眠など、健康的な生活を心がけましょう」(風本先生)

何日もデリケートゾーンに強いかゆみがあり、人前でもかきたくなるくらいの場合や、カッテージチーズのような白いぽろぽろしたいつもと違う「おりもの」の場合は、カンジダ膣炎の可能性があります。早めに婦人科で診てもらいましょう。

治療は、カンジダ真菌を抑えるため、膣内へ抗真菌剤の投与と、外陰部のかゆみを抑える塗り薬を使い、だいたい数日で治るそう。増殖させないためにも、かゆみを我慢せずに早めに治療してもらうことが大切です。

また、カンジダ膣炎の原因としては少ないですが、性行為による感染もあります。パートナーが不衛生だったり、自分の免疫力が低下していたりする場合、感染してしまうことも。

デリケートゾーンのかゆみということで、よくカンジダ膣炎と症状が似ているのが接触性皮膚炎。これは、ナプキンのかぶれや汗ムレなどが原因で、市販の塗り薬などで治ります。しかしカンジダ膣炎には効かないので、数日塗ってみて治らなかったら、クリニックでの治療を受けましょう。

カンジダ膣炎は性病と思われがちですが、ストレスなどが原因で誰にでも発症しうる身近な感染症です。治っても再発しやすい病気なので、かゆみがひどい場合は、がまんせずに婦人科を受診しましょう。


風本 真希

風本 真希

医療法人 社団宗友会 パークサイド広尾レディスクリニック 産婦人科医
文系大学を卒業後、某予備校の英語講師に。しかし、28歳のとき、親類に障害を持つ子が生まれたことをきっかけに医学に興味を持ち、産婦人科医になることを決意。近畿大学医学部卒業後は、大阪市立大学医学部付属病院、東京都立広尾病院、愛知県のロイヤルベルクリニック不妊センターに勤務。あらゆる女性のかかりつけ医を実践すべく、幅広い年齢層の女性への診療を手掛けている。

取材・文/奥沢ナツ 写真/©kei907-fotolia.com

PickUp

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

食事・栄養

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

ページの先頭へ戻る