健康診断が嫌いなあの人に贈りたい... 日本初の"健康診断のためのプリペイドカード"販売開始!

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷が、日本ではじめて健康診断の支払いに使えるプリペイドカード『からだ健診ギフト(R)カード』を11月10日に発売しました。すると「これはイイ! 親にプレゼントしたい」「健康診断受けてって言っても無視されてたけど、これなら受けてもらえるかも」といった期待の声が上がっています。

健康診断がプレゼントできるギフトカード

『からだ健診ギフト(R)カード』は、該当施設でのがん検診や人間ドックなどの検診の支払いができるという健康診断のためだけのプリペイドカード。1万円と3万円分のギフトカードから選ぶことができ、使い方はいたって簡単。同カードを扱っているドラッグストアや量販店でギフトカードを購入し、あとは好きな人にカードをプレゼントするだけです。カードをもらった人は、検診施設に予約の電話を入れて診断を受診し、ギフトカードで支払いを済ませればOK。料金の不足分は現金やクレジットカードで支払うこともできます。

img_115859_1.jpg

健康診断を受けない人って多いの?

健康診断は体に異常がないか、自分の体が今どんな状態にあるのかを知るためには大切なものですが、2014年に厚生労働省が行った「国民健康・栄養調査」によると、過去1年以内に診断を受けていない人は男性で約3割、女性では約4割に及ぶとのこと。会社員の場合には最低でも1年に1回の健康診断が義務付けられていますが、会社に属していない人や専業主婦・主夫の人には受診の義務がないので、なかには何年も健康診断を受けていないという人もいるようです。

個人での健康診断や人間ドックは高い費用が発生することも多く、施設によって金額は異なりますが、一般的な定期検診で約1万円、乳がんや内臓検査など特定の診断を受けるだけでも、数万円の費用が発生することがあります。泊まりがけの検診や人間ドックの場合は5万から10万円が必要になることもあるため、受診を躊躇してしまう人も多いようですね。

種類も豊富な“健康診断ギフト”の世界

普段は健康診断に行かないという人でも、検診用のギフトカードを贈ってもらえれば受診を考えるきっかけになりますよね。今回発売された『からだ健診ギフト(R)カード』以外にも、日帰りコースの診断が受けられる金券や、気になる部分だけを健診できるパックなど、実は健康診断用のギフトには豊富な種類があります。健診を薦めても行ってくれないという人には、ぜひ健康診断ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?



文/プリマ・ドンナ 写真/ⓒtakasu – fotolia.com

PickUp

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

Sponsored

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る