デリケートゾーンはボディソープで洗わない!?  専用ソープを調べてみた!

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

とても大切なことなのに、なかなか人には相談できないことってありますよね。たとえばデリケートゾーンのケア方法。欧米ではデリケートゾーン専用のソープやシートを使ってケアする人が多いようですが、日本では「ボディソープで体と一緒に洗っちゃう」という人が多いよう。でも、洗いすぎると逆効果になることもあるんですよ。今回は、デリケートゾーン専用ソープとはどのようなものか、いくつかの商品とともに見ていきましょう。

気になること第1位は「ニオイ」

デリケートゾーン専用のケア製品ブランド「Summer’s Eve(サマーズイブ)」を展開するピルボックス ジャパン株式会社が、2015年10月に20代~60代の女性800人を対象にデリケートゾーンに関する悩みやケアへの意識・実態を知るべくインターネット調査を行ったところ、気になることの1位は「ニオイ」、以下「かゆみ」、「おりもの」と続きました。

デリケートゾーンのニオイの原因は、雑菌が出す老廃物であると言われています。デリケートゾーンは下着、ストッキング、パンツなどに覆われていて温度が高く蒸れやすい場所なので、雑菌が繁殖するには好都合。雑菌を排除し、ニオイを防ぐには清潔に保つことが第一なのでついついゴシゴシ洗いたくなってしまうのが人情ですが、洗いすぎると今度は膣内の善玉菌を洗い流してしまったり乾燥してしまったりして、かゆみが起きる原因にもなりえます。


デリケートゾーン専用ソープ

角質層が薄いデリケートゾーンは、洗浄成分の強いボディ用のソープよりも、低刺激のデリケートゾーン専用のソープで洗うのがオススメ。日本でも実はけっこうな種類が販売されていて、実際に使っている人からは「顔をボディソープで洗わないのと一緒。使い始めたらニオイが気にならなくなってきた」「刺激が少ないからか、普通の石鹸より気持ち良くケアできる!」なんて声が届いています。

前述のインターネット調査を行ったピルボックス ジャパン株式会社からも、pHバランスを整え、保湿成分を配合した「Summer's Eve フェミニンウォッシュ ノーマルスキン」を販売中。「Summer's Eve」は、1972年から女性衛生分野におけるパイオニアとして米国で愛されているブランドです。

soap_01.jpg

インターネットで買えるデリケートゾーン専用ソープ

いざ使ってみようと思っても問題が一つ。それは「買うのが恥ずかしい」という点です。Twitterでも「いつも行ってるドラッグストアでは買いづらい」「クサいのか…とか思われそうで恥ずかしい」といった声が上がっています。そこで利用したいのがインターネットで販売されている商品。顔を合わせる必要がないので、今まで尻込みしていた人も恥ずかしさを感じることなく購入できますよ。

soap_02.jpg「コラージュフルフル泡石鹸」は、持田ヘルスケア株式会社から販売されているカビと細菌をW抗菌できる薬用石鹸。敏感な肌につけるこだわり処方で、ニオイまですっきり洗い流してくれます。泡タイプの石鹸なので、そのまま優しく洗うだけでOK。「コラージュフルフル泡石鹸」は公式サイト、Amazonなどから注文できますよ。

また、コットン・ラボ株式会社からも、同じく泡タイプのデリケートゾーン専用ソープ「セペ フェミニンソープ」を販売しています。SNSでは「ムレが気になる時にぴったり」「乾燥が少しおさまった気がする」という声が。こちらは楽天市場やポンパレモールなどで購入できるようです。

そして「高校生からずっと使ってる」「これで買うの5個目。愛用してます」とリピーターも多いのが株式会社ナチュラルプランツから販売されている「ジャムウ・ハーバルソープ」。植物由来の成分で作られた石鹸で、すっきり爽快ケアできるとのこと。泡タイプではないので、泡立てネットなどで泡立ててから使うようにしてくださいね。



文/プリマ・ドンナ 写真/ⓒsumire8-fotolia.com

PickUp

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

Sponsored

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る