コンビニおでんを食べるなら抑えておきたい2つのやせテク

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

おでんは具の選び方+軽主食で太りにくく!
 寒い季節にはもってこいのおでん。ダイエット中でも安心して食べられる、ちょっとした工夫があります。
 「体が温まるおでんは夜食にも最適。食物繊維が多い大根などの具とともに、たんぱく質がとれる具も選ぶのがやせテク。代謝を高めるごはんも組み合わせましょう」(管理栄養士・伊達友美先生)

 やせテク【1】繊維とたんぱく質がとれる具を選ぶ!

昆布
食物繊維が多く、カルシウムや鉄分など不足しがちなミネラルも補えます。

大根

食物繊維を多く含み体を温める根菜類でもある大根は、優秀なやせおでんの具。

たまご
卵は良質のたんぱく質を補える具。1個でOKなのでとるのがおすすめ。

厚揚げ
大豆製品の厚揚げは、たんぱく質の補給ができるうえ、食べごたえも高め。

はんぺん・つみれ
魚のすり身でつくるはんぺんやつみれは、たんぱく質がとれて、消化もいい食品。

 やせテク【2】おにぎり1個程度の主食を補おう!

ごはん粒は消化吸収に多くのエネルギーを使い、代謝を高めます。おでんにはおにぎりを1個合わせて!


監修/伊達友美

PickUp

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

Sponsored

ポカポカ美人への近道!岩盤浴のように温まるウエアで腹温活しよう

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

Sponsored

糖質オフ中でも、これなら飲める!糖質0の新ジャンル「アサヒ贅沢ゼロ」とは?

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る