やせ体質に変わる!鍋の食べ方4ルール

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜がたっぷり食べられたり、多くの素材を入れることができる鍋は、簡単に栄養バランスのいいフルコースが完成する、ダイエッターにうれしいメニュー。あつあつなのでゆっくり食べるようになり、早食いも防げます。
食べ方や素材の選び方でやせ効果もアップするので、下記のルールをマスターしましょう!

 ルール【1】ひとくち目は野菜から食べる!

ひとくち目はカサが減って食べやすくなった野菜で、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を補給。野菜でおなかを満たせば、ムリなくお肉やごはんを減らせます。

<歯ごたえのある野菜は大きめにカット>
白菜、きのこなど、歯ごたえのある野菜は、あえて大きめにカットして、食べごたえをアップ。かむ回数も増え、満足感も上がり、その後の食べ過ぎも防げるなどのメリットが。

 ルール【2】辛味調味料をプラスして、代謝アップ!

とうがらしやカレー粉の辛味調味料や、かんきつ系にふくまれるクエン酸には代謝アップ効果が。鍋のスープやたれに加えると、味の変化もつくので飽きずに続けられます。

 ルール【3】春雨、くずきり、ねり製品は食べ過ぎ注意

のどごしがよい春雨、くずきりは炭水化物。また、ねり製品の中でも揚げたものは高カロリーです。鍋の食材はすべて低カロリーではありません。食べ過ぎには注意して。

 ルール【4】主食、肉、魚などは最初に食べる量を決めておく

継ぎ足して食べるうち、うっかり食べ過ぎてしまうことも……。カロリーオーバーの原因になりやすい主食の炭水化物、おかずのたんぱく質は最初に食べる量を決めておきましょう。

監修/大越郷子、取材・文/平川恵、撮影/安井真喜子

PickUp

Sponsored

【豪華商品が当たるチャンスも拡大!】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2017 アンケート第2弾への回答のお願い

トレンド

【豪華商品が当たるチャンスも拡大!】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2017 アンケート第2弾への回答のお願い

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

食事・栄養

食べ過ぎモードを切り替える! 豆腐をつかったダイエットレシピ5選

ページの先頭へ戻る