ダイエットに最適! ホットココアのかしこい飲み方

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると飲みたくなるものと言えば、ホットココア。実は、ホットココアには、整腸作用や冷え性改善効果、リラックス効果などがあり、ダイエットをサポートしてくれるうれしいドリンクなのです。でも、「甘くてカロリーが高そうだから、ダイエット中は敬遠してしまう……」なんて人も多いのでは? そこで今回は、ホットココアのかしこい飲み方をご紹介! ホットココアで温まりながら、ダイエット効果も手に入れちゃいましょう!

 ホットココアをつくるときには、ピュアココアを選んで

まずは、ホットココアの選び方から。
市販のミルクココアには、砂糖や乳成分などが配合されており、1杯(20g)あたりのカロリーは80kcal。ここに牛乳200ml(130kcal)を加えると、1杯210kcal程度になります。一方、砂糖や乳成分などが含まれていないピュアココアのカロリーは18kcalで、牛乳200ml(130kcal)と砂糖5g(20kcal)を加えても、1杯168kcal程度です。ダイエット中は、自分で甘みを調節できるピュアココアを選んで。

 甘みは善玉菌のエサとなるオリゴ糖やてんさい糖がおすすめ

ホットココアに甘みをつけるなら、白砂糖ではなく、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖や、オリゴ糖を含むてんさい糖などがおすすめ。オリゴ糖には、腸内環境を整えて便秘を改善する効果があるため、ホットココアに含まれるカカオポリフェノールの整腸作用との相乗効果で、おなかもスッキリ!

 イソフラボン効果が得られる豆乳をプラス

ダイエット中は、牛乳のかわりに無調整豆乳を入れるのもおすすめ。無調整豆乳には砂糖や油分が含まれておらず、200mlで50kcal程度と牛乳に比べて低カロリーな上、女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンも豊富。また、豆乳に含まれる大豆サポニンには、体脂肪の蓄積を抑制する作用もあると言われているので、ダイエット中の飲み物に最適!

 ホットココアを飲むなら、朝食前と間食に

ホットココアをダイエットに活用するなら、朝食前に1杯飲み、便通を促すのがおすすめ。間食がわりに飲めば、ホットココアの甘みで、甘いものが食べたい!という欲求を抑えられます。ココアパウダーは、牛乳や豆乳と一緒によく練ることで口当たりがよくなるので、ホットココアをつくるときには、ていねいに練ることを心がけて。

<香りをプラス! おすすめココアレシピ>
シナモンとろみココア
黒ごまミルクココア
ジンジャーココア

ホットココアで、美味しくダイエットしていきましょう!

【関連記事】
冬にイチ押し!甘~い香りに癒されるココアの温めパワー
冬の定番! ホットココアのダイエット効果
ナッツやチョコでOK!? お手軽ドリンク&フードの冷え対策
伊達先生オススメ"ちょい足し"食べやせアイテムBEST10!

文/eko

PickUp

【おためし部活動報告】いつでもどこでも作りたての水素水を「携帯水素発生ボトル Pocket プレミアム」

食事・栄養

【おためし部活動報告】いつでもどこでも作りたての水素水を「携帯水素発生ボトル Pocket プレミアム」

【おためし部活動報告】"究極のコクキレ"を味わえる!糖質50%オフの本格生ビール「アサヒ ザ・ドリーム」

食事・栄養

【おためし部活動報告】"究極のコクキレ"を味わえる!糖質50%オフの本格生ビール「アサヒ ザ・ドリーム」

美肌効果に疲れの回復も? 漬けるだけのぬか漬けがスゴイ

食事・栄養

美肌効果に疲れの回復も? 漬けるだけのぬか漬けがスゴイ

口臭・歯周病の予防にも効果あり! はちみつハミガキ

健康

口臭・歯周病の予防にも効果あり! はちみつハミガキ

ページの先頭へ戻る