美肌効果に疲れの回復も? 漬けるだけのぬか漬けがスゴイ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ぬか漬けとは、米ぬかを乳酸発酵させたぬか床の中に野菜などを入れてつくる、日本を代表する漬け物のひとつ。ぬか漬けでつくった漬け物には、普通の野菜よりもビタミンや乳酸菌がたっぷりです。美容と健康にとってもいいぬか漬けを食べて、体の中からエイジングケアをしていきませんか? 管理栄養士の大越郷子先生に聞いた、簡単ぬか漬けのつくり方も要チェックです!

 ぬか漬けには生野菜では取りきれない栄養素がいっぱい!

ぬか漬けは野菜のビタミンを壊さず、さらにパワーアップさせて食べることができ、漬けるだけで野菜の栄養素が増える魔法のような調理法です。

「そもそも『ぬか』にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、なおかつ発酵してつくる『ぬか床』は、タンパク質、脂質、ビタミン類が多く含まれますので、野菜を漬けることで、生野菜だけでは取りきれない栄養素がプラスされます」(大越先生)

とくにぬか漬けには、ビタミンの中でも特に、ビタミンB1が多く含まれており、「体に摂取した糖質をエネルギーに変える効果などがあり、代謝アップ効果が期待できます」(大越先生)

また、ぬか漬けには乳酸菌も豊富!
「乳酸菌とは、乳酸を作る微生物のことで、腸内の環境を整え、便秘解消やコレステロールを低下してくれる効果があります。免疫力を高める効果などもありますので、毎日少しづつでも食べるのが、乳酸菌補給になります」(大越先生)

○ビタミンB1
炭水化物(糖質)をエネルギーに変換し、基礎代謝のアップにつながる。疲労回復、神経や筋肉を正常に保ちます。不足すると、イライラや集中力低下の原因に。

○乳酸菌
腸内環境が整われ、美肌、免疫力アップ、太りにくくなるなど、美容&健康に大きな効果が。ヨーグルトなどの乳酸菌よりも、植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいのがうれしい。

 おいしく食べるためのポイント

ぬか漬けは漬け込む時間が長いと、どうしても塩分過多になり、ついついご飯の量が増えてしまうこともありそうですが、どうでしょうか。ポイントをうかがいました。

「浅漬けならば、さっぱりと食べられ、塩分もほどよいので、サラダ感覚で野菜をたくさんとることができますね。また、古漬けになった塩分の多い物は、炒め物に使ったりチャーハンの具材として使い、その塩分を調味料代わりに使っても、おいしくいただけます。漬ける野菜もきゅうりや大根だけではなく、にんじん、かぶ、うずらの卵、白菜など、さまざまの野菜を組み合わせると、よりいろいろな栄養素を摂取することができますよ」(大越先生)

 自宅で簡単にぬか漬けをつくるには?

本格的なぬか床をつくるのもいいけれど、初心者にはでハードルが高いですよね。大越先生のオススメは、保存用のビニールなどで、ちょっとずつ増やしていく方法です。

「今は、『ぬか漬け』のキットなども売っていますので、最初はそういったものから、始めてもいいと思います。また、最初から大きな容器で始めるのは大変なので、保存用のビニール袋などできゅうり1本ぐらいから漬けていき、少しづつ『ぬか』を増やしていくのもいいでしょう。始めるには、発酵にちょうどいい時期の5月頃がオススメです」(大越先生)

慣れてきたら大きな容器のぬか床にランクアップしていけばOK。
「つくり始めたばかりの頃は、毎日1〜2回は混ぜてほしいです。何年も年月がたった、安定したぬか床であれば、冬場などは2〜3日混ぜなくても多少大丈夫ですよ」(大越先生)

大越先生のおっしゃるとおり、まずはきゅうり1本からはじめてみましょう!

【関連記事】
【Sponsored】天然酵母入り! 手が汚れない国産熟成ぬか床でおいしいぬか漬けをつくろう!

大越 郷子

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士、パティシエとして活動し、現在は雑誌・書籍の料理製作、栄養指導、製菓学校の講師など、幅広い分野で活躍している。

文/辻めぐみ

oomugi_bn_298_250.jpg

PickUp

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る