こんな生活してない?体脂肪が増える8つの生活パターン

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットするとき体重をいちばん気にしがちですが、見た目を左右するのは実は体脂肪率!
「なかなか体脂肪が減らない・・・」という人は、生活習慣を見直してみましょう。

なかでも夜しっかり食べて夜ふかしする習慣の人は要注意!
「夜はあまりエネルギーが消費されないので、あまった糖質や脂質はすぐに体脂肪になってしまいます。さらに、朝は起きられずに朝食抜きになりがちなので、体は燃えにくい状態のまま。体脂肪をため込みやすく燃やしにくい悪循環に陥りがちです」

体脂肪が増えてしまうNG生活パターンをチェック!!

【NG1】ギリギリまで寝ていて朝食は食べない

ギリギリまで寝ているので時間がなく、朝食はいつもパス。食事をしないので血糖値が上がらず、代謝は低い状態。腸も動き出さないので、お通じも不規則になりがち。

【NG2】移動は車。ほとんど歩かず通勤!

ほとんど歩くことなく、バスや車を使って職場まで通勤。副交感神経から交感神経への切り替えもうまくいかないため、活動モードにうまく入れないまま。

【NG3】仕事中はずーっと座りっぱなし

ほとんど動かず、いすに座ったままデスクワーク。職場で移動するときなどもエレベーターを使うなど、体を動かすことはほとんどなし。エネルギー消費量はかなり低い状態のまま。

【NG4】丼ものを一気に早食い!

丼もの、パスタ、オムライスなどが昼食の定番。主食と主菜が一緒になったメニューは主食量がわかりにくいうえ、一気に食べがち。早食いは血糖値を急激に上げ、食べ過ぎた分は即体脂肪に。

【NG5】おやつはこってり系をしっかり食べる!

おやつはたいてい脂肪分の多いケーキやクッキーなど。あまり動くことなく過ごすため、消費されない糖質や脂質は体脂肪として蓄えられることに。

【NG6】遅い時間に夕食&しっかり残さず食べる

帰宅時間が遅いため、夕食の時間はいつも20~22時になってしまいます。さらに、空腹状態になっているので早食いしがち。少しくらい量が多いと感じても残さずキレイに食べます。

【NG7】シャワーを浴びたらビールを1杯!

お風呂につからず、ほとんどシャワーだけ。体が芯まで温まらないことで、寝つきが悪くなります。入浴後はビールを1杯飲んでリラックス。糖質の多いビールを夜遅く飲むと、即体脂肪に。

【NG8】夜中までテレビを観て夜ふかし

午前1~2時まではテレビを観て過ごします。寝る時間が遅くなるので、成長ホルモンの分泌が不十分に。細胞修復のためのエネルギー消費も少なく、お肌も荒れがち。


【関連記事】
脂肪をためない、10の"やせ食べ時間"に合わせた食事スケジュール
しっかり眠れば脂肪がどんどん燃える!寝るだけダイエット 7つのルール
知っているとやせやすい!?3つの代謝って何?
脂肪撃退! やせやすい食事リズムをつくる4つのポイント

監修/土田 隆、取材・文/額賀敏江

PickUp

ヘルシー志向のヨギーニたちに大人気のスムージーを発見!

Sponsored

ヘルシー志向のヨギーニたちに大人気のスムージーを発見!

【おためし部活動報告】いつでもどこでも作りたての水素水を「携帯水素発生ボトル Pocket プレミアム」

食事・栄養

【おためし部活動報告】いつでもどこでも作りたての水素水を「携帯水素発生ボトル Pocket プレミアム」

【おためし部活動報告】"究極のコクキレ"を味わえる!糖質50%オフの本格生ビール「アサヒ ザ・ドリーム」

食事・栄養

【おためし部活動報告】"究極のコクキレ"を味わえる!糖質50%オフの本格生ビール「アサヒ ザ・ドリーム」

美肌効果に疲れの回復も? 漬けるだけのぬか漬けがスゴイ

食事・栄養

美肌効果に疲れの回復も? 漬けるだけのぬか漬けがスゴイ

ページの先頭へ戻る