ネガティブだからこそ成功できる!ダイエット成功メンタルに変わる4STEP

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

“ネガティブだからこそ、うまくいく!”と多くの人が確信し、結果を出しているメンタルトレーニング。
ダイエットを始める前に取り組むべきメントレを、4つのステップに分けてナビゲートします!

【STEP1】「なぜダイエットするか」の目的を見直そう

「ネガティブな目的はよくない!という罪悪感は時に、目的を達成するという本質を見失わせます。本心は“元カレを見返したい”“キレイな後輩に気おくれしたくない”なんて思っていませんか?具体的かつ本当に望むものを自覚すると、ダイエットは続けやすくなります。また、自分ではどうにもならないことを目的にしないこともポイント」(OKラインメンタルトレーナー・森川陽太郎先生)

例を挙げると“面接に合格する”から“面接で堂々とアピールできる ようになる”と主体性のある内容に変えるとベター!

【STEP2】「限界リスト」をつくってみよう

次は「ここまでならなんとか実行できる」という“限界リスト”をつくります。例えば「毎日1分だけストレッチする」「夜は腹8分目」など。

「自分ができることの限界を知るのは大切。今の自分に“できること”をきちんとリスト化してください。限界を決めるのはよくないと思われがちですが、できないことを並べても成果が出ません。確実に実行できることを積み上げましょう」

【STEP3】「OKライン」を考えよう

「“がんばっているのに手ごたえを感じられない”とザセツ感を覚えてしまうのは、一気に高い目標を達成しようとするから。大きな目標とは別に、今の自分が“これだけできればOK”という小さな目標(=OKライン)を考えましょう。小さくても手ごたえや達成感を得ることで、モチベーションが育ち、できることもレベルアップしていきます」

具体例は“入浴後のストレッチ30分を1か月続けられた”から“5分を3日続けられた”に変えるなど。そんなラクなことで効果あるの!?なんて思いがちだけど、いつの間にか目標に近づいている自分に気づくハズ!

<良いOKライン>
1個1個はハードルの低いラクな条件でも、着実に積み重ねれば自己肯定感が生まれ、目標にたどり着く力が得られます。まさに“ちりも積もれば山となる”!

<悪いOKライン>
周りが求めていると思うことや一般的な「こうするべき」というものをOKラインにしてしまっている場合。そのレベルになかなか到達できず、自己肯定感が得られずザセツしがち。

【STEP4】「期限」を決めよう

「“まずはこの日まで”と期間を決めて、取り組んでみましょう。期限が来た時点で目標が達成できていなくても、“できなかったこと”が分かる点がメリット。そして、再度S T E P2の限界リスト、S T E P3のOKラインを負荷を低めにつくり直してトライしましょう。コレをくり返せばより自分のことが分かり、目標を達成するにはどうしたらいいかということが 見えるようになります」

とてもカンタンな4ステップなので、ダイエットを始める前にまずはここからチャレンジしてみましょう!

監修/森川陽一郎、取材・文/木下頼子

PickUp

Sponsored

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る