ザセツ厳禁! 弱い自分に勝ってダイエットを成功させるためのメンタルポイント

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

強い決意を持って始めたダイエットなのに、なかなか目標を達成できないのはなぜでしょう? 急激な変化についていけない心と体のバランスに原因がありそうです。自分との戦いに負けずにダイエットを成功させる、メンタル強化のポイントを探りましょう。

 一生懸命がんばればやせられる!?

 ダイエットしなくちゃ、と思ったときに陥りやすいのが、がんばり過ぎです。ふだん苦手なことにもムリに挑戦してみたり、修行僧のような制限を課してみたりと、自分いじめのようになってしまってはツライだけ。

「よくばって運動もたくさん、食事にきつい制限をもうけると、心にも体にも負担になります。たばこを吸っている人にいつもの2~3倍吸ってもらうと、もう吸わなくなることがあるようです。ダイエットも同じように、やり過ぎるとやめたくなってしまいます」(スポーツ&サイエンス・坂詰真二先生)
 たばこなら意外な禁煙効果ということになるのでしょうが、ダイエットシーンではいただけません。これ以上ムリ、と挫折してしまわないようにするには……。
「“もう少しやりたいな”と思うところで止めておくのが、長続きのための秘訣です」(坂詰先生)

“もう少し”が毎日続けば体にうれしい変化があらわれるときがきます。そうなったらしめたもの。徐々に内容を見直して、“もう少し”のレベルを上げていきましょう。

 早くたくさんサイズダウンさせたいのに…

 ショップで秋物のボトムスを試着したら、いつものサイズが入らない! そこであわててダイエットを始めても、よい効果はあらわれません。
「ダイエットの効果が出るのには時間がかかります。自分でやせたかな?と自覚できるのに2週間、明らかに体型が変わり始めるのには1か月くらいかかることを理解しておきましょう。さもないと、結果をあせってザセツしがちです」(坂詰先生)

 また、早くたくさんとあせってしまうと、一時的に成功したかのように見えてもリバウンドがきてしまいます。それでは余裕のあるダイエットとは、どのくらいを目標にするべきなのでしょうか。
「1か月で元の体重の5%減を目標にしましょう。ムリがないので、リバウンドも防止できます」(坂詰先生)

 例えば50kgの人なら2.5kg減が目標、ということになります。それくらい簡単、と思う人ほどダイエットした体をキープさせられないもの。一気にふくらませた風船のように、すぐに破裂してしまいます。目先のものにとらわれない、長期的な計画力がダイエットにもショッピングにも必要だといえるかも!?

監修/坂詰真二

oomugi_bn_298_250.jpg

PickUp

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る