自分に合うダイエットで脱リバウンド(2/4)「自分への適合度をチェックしてみよう!」

Study
悩み解決
Check このエントリーをはてなブックマークに追加

 目標体重にムリはない?

もっとも健康とされているのがBMI22ですが、女性は男性に比べ筋肉量も少ないため、20~22を目安にすると健康的でキレイにやせられます。18.5以下はやせ過ぎで健康面でも心配。

自分の理想体重を知っておこう

「理想体重は、身長や骨格、筋肉量などによって、人それぞれ異なります。体重の数値ばかりにこだわっていると、適正体重から大きく外れて健康を害してしまうこともあり、大変危険です」(安中先生)

 そこで、理想体重の目安となるのがBMI(体格指数)。
「医学的には18.5以上25未満が標準とされていますが、これは老若男女を含んだ数値。20~30代女性でキレイにやせるには、BMI20~22を目標に設定しましょう」

 やせスピードが早過ぎない?

ゆっくり落としてリバウンドなしの体に

 一刻も早くやせたい気持ちもわかるけれど、リバウンドしたくないならその考えは捨てるのが正解。
「食事を極端に減らすなど急激なダイエットをすると、一時的に体重を落とすことはできますが、実はそれは体脂肪だけでなく、筋肉や骨まで減ってしまった結果。筋肉量が減ると基礎代謝も落ちるため、ますますやせにくい体になってしまいます。さらに、体に必要な栄養が不足して、さまざまな不調や婦人科系のトラブルにつながることもあるので、急激なダイエットは絶対にやめましょう。あせらずゆっくり落とすことが、最終的にはキレイにやせられ、リバウンドもせずにすみます」(安中先生)

 具体的には、どのくらいのスピードでやせればいいのでしょう?

「1か月にダイエット開始時の体重の3%減が目安。ただし、ダイエットというのはいつも同じペースでやせていくものではなく、必ず途中で体重が減らない“停滞期”がやってきます。停滞期は体が減った体重に慣れるために必要な期間。この時期を乗り越えれば体重は必ず再び落ち始めるので、停滞期が来てもあせらずにダイエットを続けましょう」

 食事量は減らし過ぎていない?

基礎代謝量を下回るとリバウンドの危険大!

 1日にとるべきカロリーを知る指標となるのが、基礎代謝量やエネルギー所要量。
「基礎代謝量は、生命維持のため1日に必要なエネルギー量のことで、最低限とる必要があります。基礎代謝量を下回るカロリー制限はリバウンドの危険が大きく、健康も害するため、絶対にやめましょう。エネルギー所要量は、生活で消費するエネルギー量で、やせたい場合はこの所要量より摂取量を少なくする必要があります」(安中先生)

 自分の性格つかめている?

考え方のクセを知れば継続力UPに

 ダイエットしてもいつも途中でザセツしリバウンド…。それもこれも自分の“意志が弱いから”だと思ってない?
「目標を達成できないのは、意志だけが理由ではありません。目標を達成できるか否かには、人それぞれの考え方のクセが大きく左右しています。例えば1か月に2㎏やせるつもりが1㎏しかやせなかった場合、事実としては『1㎏足りなかった』ということでしかありません。それを『2㎏やせるべきなのに1㎏しかやせないのはおかしい』とイライラしたり、『どうせ自分はこの先もずっとうまくいかないんだ』と悲観的になったりなど、ゆがんだ考え方のクセで事実を大きくマイナスにとらえてしまう人がいます。そういう人は、目標達成の経過の中で必要以上にストレスを大きくしてしまうため、あきらめも早くなってしまうのです。自分の考え方のクセを知っておき、マイナス思考に陥らないよう心がけるだけでも、ストレスが軽減されて、継続力が上がりますよ」(メンタルトレーナー・田中ウルヴェ京先生)

監修/安中千絵・田中ウルヴェ京、取材・文/宝田明子、イラスト/ナカムラヒロユキ

自分に合うダイエットで脱リバウンド

ページの先頭へ戻る