自分に合うダイエットで脱リバウンド(3/4)「自分に合ったダイエット法を見つける性格テストをしてみよう」

Study
悩み解決
Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしているのになかなか体重が減ってくれません。
そんな時あなたはどう思いますか?下記の6タイプから一番近いものを選んで。
(いくつか複数にあてはまったら複合タイプ。複数の部分を読みましょう)

「やせているべきなのに」 と思う人は、イライラさん

<やる気ありすぎタイプ>

「こうあるべき思考」が強く、ものごとが思い通りにいかないときに腹を立てたり、焦ってイライラするタイプ。プライドが高く、性格的にはせっかちで神経質。頭に血が上りやすいのでクールダウン法が必要に。

「今回もどうせ成功しない」 と思う人は、オドオドさん

<やる気なしタイプ>

「どうせ自分なんか…」という「どうせ思考」の持ち主で、自分のすべてに自信がもてないタイプ。周囲からの評価が常に気になり、他人から責められることが大きなストレスに。自信をつけるのが課題。

「あのときアレを食べなかっ たら…」と思う人は、クヨクヨさん

<過去を悔やむタイプ>

ミスをしたときにいつまでもクヨクヨとそれを悔やみ、ストレスとして抱え込んでしまう後悔型。過去は変えられないことを知り、これから自分にできることは何かという、未来志向に切り替える作業が重要です。

「このまま一生やせられないのでは」と思う人は、モンモンさん

<未来が不安タイプ>

漠然とした不安を常に抱え、絶望的・悲観的な思考形式による思い込みで、自らストレスをつくり出すタイプ。未来のことばかり考えがちなので、今やるべきことを明確にして今と向き合うようにすると○。

「減らなかったら周囲に何か言われる」と思う人は、ムカムカさん

<周囲をムカついてしまうタイプ>

他人の言葉を否定的にとらえるクセがあり、他人の心理を深読みして「この人は自分に悪意を抱いている」と勝手に決めつけてしまう誤解型。妄想によりストレスをつくり出すため、相手の言葉が気になったら相手に質問して。

「もっときちんとがんばらないとやせない」と思う人は、ヘトヘトさん

<周囲を気づかい過ぎタイプ>

マジメで完ぺき主義。やれることは全部やろうと一生懸命がんばってしまうため、心身共にヘトヘトに。結果、ストレスを招いていまう消耗型。強い緊張が続いたら、わざと力を抜くように心がけましょう。

監修/田中ウルヴェ京、取材・文/宝田明子、イラスト/ナカムラヒロユキ

自分に合うダイエットで脱リバウンド

ページの先頭へ戻る