食欲をコントロールするにはどうしたらいい?(4/6)「血糖値が空腹感を左右する」

Study
悩み解決
Check このエントリーをはてなブックマークに追加

血糖値が急激に下がるとすぐに空腹になる!

 たっぷり食べて満腹になったのに、なぜかすぐにおなかがすく。このケースは、なぜ起こるのでしょう。
「脳はさまざまな情報をもとに、体がエネルギー不足と判断して食欲をわかせます。その重要な情報のひとつが、血糖値の低下。食事をとると血糖値が上がり、下がってくると空腹を感じやすくなります。つまり、すぐ血糖値が下がってしまうと、すぐにおなかがすくということ。血糖値の上下のスピードは食べ物によって異なります。お菓子や具の少ない主食といった糖質に偏った食べ物は、急激に上がって急激に下がるため、腹もちがしないのです。逆に、食物繊維が多い食べ物や酸味のあるもの、油ものなどはゆっくり上がってゆっくり下がるため、満腹感が持続します」(片山先生)

監修/片山隆司、構成・文/室川円香

食欲をコントロールするにはどうしたらいい?

ページの先頭へ戻る