おトクな運動のウソ・ホント(3/6)「“山ガール”“サイクルガール”になれば、ゆる~く、楽しくやせられる!」

Study
ラクやせ
Check このエントリーをはてなブックマークに追加

頻度が低く、ハードな運動は実はやせにくい

 おしゃれなファッションに身を包み、みんなでワイワイ...。
山ガールってなんだか楽しそうだけど、山に登るんだからやっぱりやせるんですよね?
「自転車による長距離ツーリングもそうですが、毎日学校や職場に通っていると、山に登ったり、自転車で遠出できるのはせいぜい週に1回程度。1か月に3回山に登れればいいほうでしょう。山に登ること自体はそれなりにハードな運動になりますが、ハードな運動を月3回行うより、あまりハードではなくてもコツコツと定期的に運動をしたほうが、トータルの運動量、消費する脂肪の量は多くなりますし、長続きします。つまり、"山ガール"になって、限られた機会に必死に山登りをするのは、ダイエットの近道とはいえません。その点、自転車通勤は『毎日コツコツ』と行うものなので、ダイエットには向いています」(坂詰真二先生)


 山は、大自然に触れてリフレッシュしたり、運動不足を解消するために、楽しみながら登るのがいいようです。

監修/坂詰真二、取材・文/馬渕綾子

おトクな運動のウソ・ホント

ページの先頭へ戻る