自分に合った目標を立ててザセツ知らず!(1/5)「自分に合ったダイエット法を知ろう」

Study
ラクやせ
Check このエントリーをはてなブックマークに追加

好みに合わないダイエット法は続かない

ツラいこと、イヤなことって、誰でもやりたくないもの。ダイエットだってそれは同じです。
 「運動ぎらいな人がいきなりハードな運動を始めても続けるのはとてもムリだし、ごはんが好きな人が炭水化物抜きのダイエットをしても、ストレスがたまるばかり。ツラいダイエットは長続きしません。続けるためには、心と体に負担の少ない方法を選ぶべき。そのために、まず目標を正しく立てることが重要になります。ムリな目標を掲げると、それに向けての行動も必然的にムリなものとなり、到底続けることはできないからです」(管理栄養士・安中千絵先生)

 そして、正しい目標設定で正しいダイエットを行なっても、必ずやってくるのが停滞期。
 「なかなか体重が落ちないと、あせってムリをしたり、イヤになってザセツしてしまいがち。でも実は、停滞期が長いほど、やせた体重が体にしっかりなじむため、リバウンドもしにくいのです。停滞期はダイエットが順調に進んでる証拠と心得て、あせらず続けましょう」

 ザセツ危険度Check!

ダイエットが続かないのは、やり方に問題あり。下記に挙げるようなダイエットをしていると、ザセツする可能性が高いので今すぐ改善を。

「1週間で5㎏減」など短期間での大量やせをめざしている
流行のダイエット法をあれこれ試している
運動がニガテなのにハードな運動に挑戦している
細かい体重の増減をいつも気にしている
食事量を極端に減らしている


監修/安中千絵、取材・文/宝田明子

自分に合った目標を立ててザセツ知らず!

ページの先頭へ戻る