FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    31

両手をほほに当てる女性の画像

メイクをするならクレンジングは欠かせないお手入れステップです。毎日のようにくり返すことだから、肌に負担をかけないように気をつけたいですね! 今回はメイクの濃さに合わせたクレンジングの選び方や、肌を傷めないためのメイクの落とし方をコスメコンシェルジュの牧内夕子さんにお伝えいただきます。

監修
牧内 夕子

クレンジングで落とすのは何汚れ?

まつ毛のイラストを描いた手の甲の画像

前回は洗顔料で落としたい汚れについてご説明しました。今回はクレンジングで落とす汚れについてです。なかにはクレンジングと洗顔料のダブル洗顔って必要なの?と疑問に思っている人もいるかもしれません。

その答えは「落とす汚れが違うので、ダブル洗顔は必要」。クレンジングはいいかえれば「メイク落とし」で、落としたい主な汚れは「メイク」です。メイクをしない日は洗顔料のみでも大丈夫ですが、メイクをした日や、洗顔料で落とせないタイプの日焼け止めなどをつけた日は、しっかりとクレンジングをしてくださいね。

では、クレンジングはどのように、肌からメイクを落とすのでしょうか。ファンデーションやポイントメイクのアイテムは、基本的に油性成分と粉体でできています。クレンジングに含まれる油性成分がメイクの油性成分となじむことで、肌から汚れを浮き上がらせます。それをぬるま湯で洗い流すことで肌からメイクを落とすことができます。

メイクをした日は必ずクレンジングをして、肌をキレイにしてあげましょう!

メイクの濃さに合わせたクレンジングの選び方

化粧品画像

クレンジングといってもオイルやジェル、クリームなど、さまざまな感触のものがあります。それぞれ洗浄力に違いがあるので、ご自分がふだんしているメイクに合わせて選ぶのがおすすめです。

【しっかりめのメイクの場合】
カバー力が高めのクリームファンデーションを使っている人や、マスカラやアイライナーなどのポイントメイクが濃いめの日は、洗浄力が高めの「クレンジングオイル」がおすすめです。オイルの名の通り油性成分が多いので、すばやくメイクとなじませることができます。

【普通のメイクの場合】
ライトな感触のリキッドファンデーションを使っている人や、上品なオフィスメイクの日などは「クレンジングクリーム」がおすすめです。クレンジングクリームは、メイクとなじませるうちにクリームの中からオイルが出てくる反転タイプも多くみられます。メイクはきちんと落としながらも、洗い流したあとの肌にしっとり感が残りやすいのも、このタイプです。

【ナチュラルメイクの場合】
軽めのパウダーファンデーションを使っている人や、ポイントメイクも控えめな人は「クレンジングミルク」や「クレンジングジェル」がおすすめです。これらは洗浄力が弱めで、使用感もさっぱりとしています。

ポイントメイクは濃いけれど、ファンデーションはライト、というような場合は、先にポイントメイクを落としておくのもひとつの手です。
まず、液体タイプのポイントメイクリムーバーをコットンにたっぷりと含ませます。こすらずにそっと押さえるようにしてメイクとなじませて落としましょう。そのあと、使用しているファンデーションに合ったクレンジングで顔全体のメイクを落とします。

目もとや口もとのポイントメイク落としと、顔全体のクレンジングを分けて行うことで、クレンジング時の摩擦を減らし、顔上でメイク汚れがまじり合って広がることも避けられます。

例えば、ふだんナチュラルメイクが多いのに、オイルタイプを使っている、という人は、クレンジングの洗浄力が強すぎて本来必要なうるおい成分まで洗い流してしまうなど、肌にダメージを与える可能性も。メイクの濃さに合わせたクレンジング選びがポイントです。

肌にやさしいクレンジング方法・3つのポイント

手のうえにクレンジングを乗せた画像

クレンジングで大切なポイントをお伝えしますね。ふだんのクレンジングを見直しながらお読みください。

1.クレンジングの使用量はしっかり守る

商品によって使用量が異なりますので、パッケージや説明書に書いてある量を参考にしましょう。肌の上に伸ばしたときに、手が肌に直接触れてしまうようなら使用量不足です。量が少ないと肌をこすってしまい、ダメージを与える原因になります。指先が肌上で引っかからずにツルツルとすべるくらいの量が目安です。

2.ゴシゴシこすらない

メイクは指先でこすって落とすのではなく、手のひら全体でクレンジングをすべらせながら、やさしくなじませましょう。強い力でこすると、色素沈着を起こしやすく、シワやたるみの原因にもなります。落ちにくい目もとのポイントメイクなどは、あらかじめ専用のポイントメイクリムーバーでやさしくふき取ってしっかりと落としておいたほうが、肌の摩擦を減らせますよ。

3.手早く洗い流す

クレンジングで落としたメイク汚れは、すぐに洗い流しましょう。クレンジングしながらマッサージをしたり、パックのように肌の上にのせたままにしたりすると、汚れが長時間、肌の上に密着することになり、刺激を与える場合もあります。汚れが浮き上がったら手早くしっかりとすすぎ洗いをしましょう。

汚れをきちんと落とすことで、その後のスキンケアの効果も高まります。肌のうるおいを引き出すために、肌をいたわるクレンジングを続けてみてくださいね。

連載・関連記事

  1. コスメコンシェルジュ実演! アイテムなしで洗顔クリームをモコモコ泡にする方法

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    31

関連記事

  1. Beautyコスメコンシェルジュ実演! アイテムなしで洗顔クリームをモコモコ泡にする方法

    コスメコンシェルジュ実演! アイテムなしで洗顔クリームをモコモコ泡にする方法

    34
  2. Beauty自分の毛穴は何タイプ? プロがすすめる原因別の毛穴ケア対策

    自分の毛穴は何タイプ? プロがすすめる原因別の毛穴ケア対策

    40
  3. Beauty睡眠時間も美肌も死守したい! 疲れた夜は「水クレンジング」で時短ケア

    睡眠時間も美肌も死守したい! 疲れた夜は「水クレンジング」で時短ケア

    40
  4. Beauty5か月間かけ続けたら「化粧水変えた?」と友だちに言われた魔法の言葉 #Omezaトーク

    5か月間かけ続けたら「化粧水変えた?」と友だちに言われた魔法の言葉 #Omezaトーク

    34

あわせて読みたい

Pickup