FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    「実年齢より−15歳肌」 シニアメイクの達人が教える“若返りメイク”

  1. Share

  2. お気に入り

    40

メイクをする女性の画像

加齢に負けない美しさを手に入れるには、年齢に合ったメイクをすることが大切。シミやくすみをカバーする「若返りメイク」を活用すれば、周囲を驚かせるほどの大変身を遂げられるかもしれません。そこで今回は、シニアメイクのポイントについて見ていきましょう。


厚塗りを回避する“下地”テクニック

お肌の様子を気にしているシニア女性の画像

2月27日放送の「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)では、シニアメイクのカリスマとして知られる「えがお写真館」の赤坂渉さんが登場。「劇的オカンBEFORE AFTER」と題した企画で、芸能人の母親に驚きの“若返りメイク”を施していきました。

最初にメイクを受けたのは、裸芸でブレイクを続けるアキラ100%さんの母親・福子さん。福子さんは化粧っ気ゼロの74歳で、最近では「年齢とともに深くなったシワとシミ」などに悩まされているそうです。そんな彼女を若返らせるため、赤坂さんが最初に行ったのは“産毛剃り”。一見メイクとは関係ないように見えますが、実は産毛が残っていると顔の色味がくすんで見えるというデメリットがあります。

続いて赤坂さんは、保湿剤入りのクリームやツヤ出しクリームを使ってベースメイクを行っていきました。この時に大切なのが、薄紫色の色味がついたクリームを下地に使用すること。クリームの色味によってお肌の黄色いくすみを軽減し、明るく見せることができますよ。

またシニアの女性はお肌の衰えを隠すため、ファンデーションを厚塗りしがち。結果として仕上がりが不自然になることがよくあります。そこで赤坂さんは下地を2~3種類重ねて塗ることで、ファンデーションよりも自然な仕上がりのメイクを実現していました。

メイクを施された福子さんは、自分の姿を見て「すごいね、お化粧って…」と思わず呟いてしまうほどの大変身に成功。視聴者からも「アキラ100%のお母さん、メイクですごくキレイになったね。角度によっては松本伊代みたい」「若返りメイクだけで今っぽい雰囲気になってるの、本当にうらやましい!」と反響が上がっていました。

WHITE’st プラセンタ リッチローション 2,824円(税込)/fracora

モイスチャークリーム 2,800円(税抜)/アンブリオリス

リニュートリィブ ラディアント UV ベース 10,800円(税込)/エスティ ローダー

年齢を感じさせない口元のつくり方

口元にメイクを施している女性の画像

続いて若返りメイクに挑戦したのは、アンガールズ・田中卓志さんの母親、三枝子さんです。65歳の三枝子さんは普段からメイクに無頓着で、口紅をチーク代わりに使っているほど。赤坂さんは彼女を若返らせるため、まず“まゆ毛”のお手入れから着手しました。

赤坂さんによると、左右のまゆ毛を同じ高さにすることで若々しい印象になるとのこと。電動シェーバーを使って形を整えつつ、アイブロウライナーで左右の高さが同じになるようにまゆ毛を描いていきます。

またシニアの女性は、加齢によって唇が紫色になることがよくあるもの。赤坂さんは唇に下地を塗って口紅の発色をよくすることで、見事“シニア唇”の補整に成功していました。そして年齢を重ねることで生じた口元のたるみには、ほうれい線の影にハイライトを入れることで対処していきます。

メイクを施された三枝子さんは、鏡を見ながら「変わりました! 20歳若返った!」と大喜び。変身を遂げた母親と対面した田中さんも、「小ジワがなくなってる」「年齢より15歳くらい若い」と驚いていました。

いくら年齢を重ねても、自分に合ったメイクができれば若々しさを保てるはず。衰え知らずの美貌を手に入れるためにも、シニアメイクのテクニックを参考にしてみては?

モデリング カラーベース EX UV PK110 4,500円(税抜)/エレガンス

テンダートーク リップ バーム プリティ ミー アップ 3,456円(税込)/M・A・C

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    40
  1. アンガーマネジメント
  2. シニアメイク
  3. テクニック
  4. 美貌
  5. 若返りメイク
  6. 若返り変身

関連記事

  1. Beautyチークは耳の横まで一直線!チークの使い方で小顔&高い鼻になるメイクのコツ2つ

    チークは耳の横まで一直線!チークの使い方で小顔&高い鼻になるメイクのコツ2つ

    21
  2. Beautyデヴィ夫人も実践! 78歳で美貌と健康を保つ秘訣“まごはやさしい”食事とは?

    デヴィ夫人も実践! 78歳で美貌と健康を保つ秘訣“まごはやさしい”食事とは?

    26
  3. Beauty自分を“樹木”だと思い込む呼吸法!? 由美かおるさんが30年実践してきた「究極のアンチエイジング法」

    自分を“樹木”だと思い込む呼吸法!? 由美かおるさんが30年実践してきた「究極のアンチエイジング法」

    29
  4. Beauty5分でシワとほうれい線をカバー!? プロが伝授する秋に真似したいメイクテクニック

    5分でシワとほうれい線をカバー!? プロが伝授する秋に真似したいメイクテクニック

    3

あわせて読みたい

Pickup