FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    日差しを浴びてアレルギーが発症!? 5月から7月にかけて気をつけたい日光アレルギーの原因と予防法

  1. Share

  2. お気に入り

    4

海でサングラスをかけた女性の画像

暑さが厳しくなってくる季節ですが、せっかくの晴天であれば日光を浴びたいですよね。しかしこれからの時期には、日光によってかゆみや腫れが生じる“日光アレルギー”に注意する必要があります。一体どんな仕組みなのか、対策方法と合わせて見ていきましょう。


日光アレルギーが起こる仕組み

日焼けしている女性の画像

5月1日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)では、日光アレルギーについて取り上げました。「大阪大学」医学部特任准教授の日比野佐和子先生によると、1年で紫外線量が最も多いのは5~7月。毎年この時期には日光アレルギーを発症する人が増えるそうです。

具体的な症状は、赤く腫れてかゆみが数日間続くというもの。悪化すると水ぶくれになることもあるので注意が必要です。5~7月は特に肌の露出と野外での活動が増えてくる時期でもあるので、よく気をつけましょう。

そもそもなぜ日光アレルギーは起こるのでしょうか。番組では日比野先生が、発症のメカニズムについて説明してくれました。人間の皮膚は通常メラニン色素が紫外線などをブロックして、たんぱく質を守ってくれています。ですがメラニン色素の量は、季節によって減ってしまうのが特徴。急に紫外線が増えてくる5月頃からはメラニン色素が足りず、日光が直接たんぱく質に届いてしまうことも。結果としてたんぱく質が変質し、アレルギー反応が起こるという仕組みです。

日光アレルギーの対策と予防法

日焼け止めを塗る女性の画像

番組では、日光アレルギーを予防する方法についても紹介されていました。まず基本的な対策としては、日焼け止めを塗ったり日傘などで日よけするのが大切。ですが日差しが強い日には、自力で完全に防ぎきるのは難しいかもしれません。そこで取り入れたいのが、“食事”から日光アレルギーを予防する方法。朝起きてからヨーグルトや緑黄色野菜のジュースをとることで、免疫力をアップしたりお肌の回復効果を期待できます。逆に朝食で避けたほうがいい食材として挙げられたのは、柑橘系の果物でした。グレープフルーツやレモン、オレンジには紫外線を吸収するソラレンが多く含まれているとのこと。出かける前に摂取するのは控えた方が無難だと言えるでしょう。

また実際に日光アレルギーが発症したときに備えて、対処法もチェックしておきたいところ。まず重症化を防ぐためには“患部をかかない”ことが大切。患部の鎮静化を図るために冷やしたり、日光が当たらないように心がけるのもよいでしょう。ただし紫外線以外の要因によってアレルギーが起こっている可能性もあるため、きちんと検査して適切な治療を受けることが第一です。

放送を見て日光アレルギーを自覚した人も多い様子。視聴者からは「日光アレルギーの存在を初めて知ったけど、完全に当てはまる」「夏が来る前に日光アレルギーのこと知れてよかった! 柑橘系の食べ物控えないと…」と反響の声が相次ぎました。

猛威を振るうアレルギーの仕組みを理解して、しっかり予防・対策しておきましょう。

 

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. メラニン
  2. 日焼け止め
  3. 紫外線

関連記事

  1. Beautyまさか!? 意外と誰もが気づいていない、思いっきり日焼けしてしまうトコロって?

    まさか!? 意外と誰もが気づいていない、思いっきり日焼けしてしまうトコロって?

    6
  2. Beautyクレンジングは不要!? 医師が答える「本当に肌がキレイになる」方法

    クレンジングは不要!? 医師が答える「本当に肌がキレイになる」方法

    7
  3. Beautyティッシュ1枚でOK! テカらない保湿ケアと化粧が崩れない日焼け止めの塗り方

    ティッシュ1枚でOK! テカらない保湿ケアと化粧が崩れない日焼け止めの塗り方

    5
  4. Beauty実は強力!春の紫外線対策はインナーケアからが正解!

    実は強力!春の紫外線対策はインナーケアからが正解!

    7

あわせて読みたい

Pickup