FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    40代以上の女性にこそ試してほしい。梅雨時期の時短ヘアアレンジ「くるりんぱ」のつくり方

  1. Share

  2. お気に入り

    18

雨の中 傘を持っている女性

湿気が多い梅雨の季節は、どうしても髪がまとまらずに悩む人も多いはず。そんなときは簡単&おしゃれなヘアアレンジ“くるりんぱ”がうってつけです。そこで今回は、人気スタイリストが教える“くるりんぱ”のやり方をみていきましょう。


髪ゴムを2本使って“くるりんぱ”を簡単に!

髪をまとめる女性の画像

5月21日放送の「あさイチ」(NHK)には、40代以上の女性こそ“くるりんぱ”がおすすめだと訴える人気スタイリストの工藤由布さんが登場しました。工藤さんによると、髪のツヤやコシが減ったと感じる人ほど、ボリュームがアップして華やかに見えるそう。

そこで番組では、簡単にできる“くるりんぱ”のやり方を紹介。工藤さんは、できない人は毛束を太くまとめ過ぎてしまう場合が多いとコメントし、簡単にかわいくまとめるためには髪ゴムを2本使うことがポイントだと明かしています。

まず髪の両端から後頭部のでっぱりの下まで、通常のハーフアップより少し低い位置で髪の毛を結びましょう。残った髪は左右に分けて、1つ目の結び目の上あたりで1つにまとめます。最後に上にある毛束だけを“くるりんぱ”すればできあがり。

毛束の髪の量が半分になったため、ねじった部分がスマートになり、割れ目もはっきりとわかるように。また髪の毛がきちんと結ばれているため、顔の横側に落ちずスッキリとまとめられます。

この方法は視聴者からも、「なるほど、ゴム2本使うのか!」「髪の毛のボリューム感もきちんと出るし、めっちゃいい方法!」「想像以上に簡単にできたのが嬉しい」と好評のよう。

“くるりんぱ”はラフ感がポイント

茶色い髪ゴムの画像

“くるりんぱ”はラフに仕上げることが大切。そこで工藤はラフさを出すテクニックも伝授してくれました。まず髪を崩す準備として毛先を何個かに分けて少しずつ引っ張り、ねじった部分を引き締めます。次にねじった部分の奥に指を入れて少しずつ髪の毛を引き出しましょう。このとき“10本ずつ”つまむイメージで行うといいそう。引き出す箇所は、左右それぞれ3~4カ所が目安です。最後に毛先を左右に引っ張ることで髪ゴムをずり上げて、結び目を引き締めれば完成。

ねじった部分だけでなく後頭部全体にラフ感を出したい場合は、まず後頭部を上から3段に分けるイメージを持ちましょう。次に1番下の段から3カ所、真ん中から4カ所、上の段から3カ所の計10カ所から、ひとつまみづつ髪の毛を引き出します。たったこれだけで自然に全体のバランスよく、ラフさを出すことができますよ。

細いシリコンゴムを使うと結び目が目立ちにくいのでおすすめ。髪の毛がまとまらずに悩んでいる人は、ぜひ“くるりんぱ”に挑戦してみては?

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    18
  1. ヘアアレンジ
  2. ヘアスタイル

関連記事

  1. Beauty春風に負けない!プロフェッショナルがこぞって使う、ヘアアイテム厳選リスト

    春風に負けない!プロフェッショナルがこぞって使う、ヘアアイテム厳選リスト

    23
  2. Beautyプロの技でツヤ髪に! 人気ヘアメイクアップアーティストが教える“ツヤ感ヘアアレンジ”

    プロの技でツヤ髪に! 人気ヘアメイクアップアーティストが教える“ツヤ感ヘアアレンジ”

    16
  3. Beauty髪を切る前にショートヘアが似合うか分かる「5.5cmルール」って?自分に似合う髪型のチェック方法

    髪を切る前にショートヘアが似合うか分かる「5.5cmルール」って?自分に似合う髪型のチェック方法

    15
  4. Beauty小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    13

あわせて読みたい

Pickup