FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    美容皮膚科医が「正しい」「間違い」をジャッジ! 間違いやすい肌ケア方法の新常識

  1. Share

  2. お気に入り

    15

スキンケアをしている女性の画像

夏に向けて紫外線が増え始めると同時に、梅雨で湿度が高くなり、肌トラブルが起きやすくなる今の季節。肌のケアにはいっそう気を配りたいですよね。しかしもしかしたら、あなたの肌ケアは間違いだらけかも。この機会に自分の行っている肌ケア方法について、一度見直してみてはいかがでしょう。


朝の洗顔は「水で洗う」はNG!

顔を洗う女性の画像

5月28日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)では、銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長が登場。街行く人の肌ケア方法が本当に正しいかどうか、チェックしていきました。

まず紹介されたのは、朝の洗顔方法について。慶田院長は、朝に洗顔料を使わず水のみで洗うという方法が間違いだと明かしています。夜寝ている間にも皮脂は出るので、朝も洗顔料を使って汚れを落とすのが正解。また夜寝る前につけたスキンケア類が酸化して肌に刺激を与えてしまうため、しっかりと肌をきれいにすることが大切です。

しかし、油分がなくなるほど洗いすぎるのはNG。泡立てた洗顔料を20~30秒顔に馴染ませたら、こすらずにさっと洗い流しましょう。水の温度は30~36度前後の、人肌より少しぬるめがおすすめ。

また慶田院長は、クレンジング時に一緒にマッサージを行うこともNGだとコメントしています。クレンジング剤は化粧油類を落とすためのものなので、こすりすぎてしまうと肌のバリアに大切なうるおい成分まで落とすことに。クレンジング剤は、肌につけて1分以内にぬるま湯で洗い流すのがベストです。マッサージは乳液やオイルなど、基礎化粧品を塗る際におこないましょう。

<まとめ>
・朝は洗顔料を使ってこすらずに洗顔
・人肌より少しぬるめのお湯で洗い流すのがポイント
・クレンジング時のマッサージはNG
・マッサージを行うときは、乳液やオイルなど基礎化粧品を使って!

天然素材化粧品(手づくりコスメ)での保湿ケアは「大バツ」!?

指をバツの形にする女性の画像

また番組では、“保湿ケア”についても紹介されました。登場したのは、ネットで得た知識をもとに化粧水を自作しているという女性。慶田院長は自作の化粧水を「大バツです!」ときっぱり否定しています。天然素材がいいと思われがちですが、化粧品は一概にそうとは言えないのだそう。

天然の成分はかぶれるリスクが高くなっており、肌に合わない可能性が。きゅうりパックのような天然素材を直接肌にのせる方法もNGです。これには視聴者から「専門家がきっぱりと『危険です』と言い切ると説得力ある」「天然素材のものがいいと思ってたけど、言われてみればそうだよね…。専門家がつくった化粧品が一番いいに決まってる!」と納得の声が上がりました。

化粧水をつける際は肌をたたいたりコットンでこするように塗るのではなく、手のひらで化粧水を温めて、優しくなじませるのが正解。

<まとめ>
・ オリジナル化粧品(手づくりコスメ)のスキンケアはNG
・ 化粧水は手のひらで温めてから、優しくなじませるが正解!

専門家が教える正しい肌ケア方法、あなたはどれだけ正解していましたか?

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    15
  1. マッサージケア
  2. 肌ケア

関連記事

  1. Beauty「眠れる森の美女タクシー」でVIPに帰宅!? 忙しい女性におすすめの美容サービス

    「眠れる森の美女タクシー」でVIPに帰宅!? 忙しい女性におすすめの美容サービス

    17
  2. Beauty“奇跡の68歳”が実践する美の秘訣!? 顔のたるみやほうれい線に効く「アップップメソッド」

    “奇跡の68歳”が実践する美の秘訣!? 顔のたるみやほうれい線に効く「アップップメソッド」

    16
  3. Beauty肌も夏バテ疲労をため込んでない? 秋冬に向けて美肌をつくるスキンケア術

    肌も夏バテ疲労をため込んでない? 秋冬に向けて美肌をつくるスキンケア術

    4
  4. Beautyアメリカでも大人気!ヨーグルトを使った手づくりパックに挑戦

    アメリカでも大人気!ヨーグルトを使った手づくりパックに挑戦

    4

あわせて読みたい

Pickup