FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    大発表!20~50代の女性の過半数が「美白・透明肌」をキープしたいと回答

  1. Share

  2. お気に入り

    24

日焼け止めを塗っている女性の画像

日差しが厳しい夏の季節がやってきました。海やプール、バーベキューなど夏ならではのイベントが盛りだくさんですが、世の女性たちの気になるポイントは「日焼け」。そこで今回は夏のイベントを楽しむ前に知っておきたい、女性たちの日焼け意識について見ていきましょう。


この夏日焼けしたくない女性は80%超え!

日傘をさしている女性の水着後ろ姿の画像

空前の「美白」ブームが到来し、日焼けや紫外線対策に余念がない人が増えてきている昨今。美容外科の「東京イセアクリニック」は、今年の日焼け事情を知るために各世代の女性たちへアンケートを実施しました。

「日焼けしたくない」と答えた女性は全体の83.8%に上り、日焼けに対するマイナスイメージが大多数。その理由として、80.0%の女性が「シミやシワ、肌荒れの原因となるから」と回答しています。また「美肌・透明肌をキープしたい」と答えた人は32.7%となり、美意識や日焼けへの注意度がかなり高いことが伺えました。

女性の理想の肌を聞いたところ、「美白、透明肌」が49.1%、「ナチュラルな自然肌」が43.3%とダントツの結果に。美白、透明肌に憧れている女性からは「どうやったら透明感が出せるんだろう…」「肌がきれいな美白の女の子になりたい」といった声が上がっています。「色素薄い系女子」「美白女子」が流行りのいま、反対に「日焼けしたい!」という女性は全体の僅か7.9%。小麦肌の女性は、すでに絶滅危惧状態になっているようです。

濃い色のサングラスは紫外線に逆効果!?

サングラスをかけた女性の画像

アンケートの中で「紫外線対策をしている」と答えた人は、全体の89.3%。ほとんどの女性が何らかの対策を行っていることが発覚しました。多くの女性から注目が集まっている紫外線対策は、テレビでも度々取り上げられています。5月29日に放送された「教えてもらう前と後」(TBS系)では、肌だけでない紫外線対策を特集していました。

同番組がピックアップしたのは、“目”から入ってくる紫外線について。最近ではUVカットのコンタクトレンズなども登場していますが、手軽にできる対策としては“サングラス”が代表的です。

多くの紫外線をカットするのであれば、「濃い色のサングラスがよい」という考えが一般的。しかし実際は、色が薄いサングラスの方がより多くの紫外線をカットするそう。目に当たる紫外線は、瞳孔が大きいほど多く吸収されてしまいます。暗いところで大きくなる瞳孔は、濃い色のサングラスをかけると拡大。結果的にサングラスの隙間から入った紫外線を、通常より多く目から吸収してしまうことに。しっかりと紫外線対策をしたい人は、薄いサングラスをチョイスすることをおすすめします。

強い日差しで、私たちの肌をじりじりと焼いていく紫外線。しっかりと日焼け対策をして、理想の美白、透明肌を目指していきましょう。

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    24
  1. 日焼け対策
  2. 紫外線
  3. 美容
  4. 美肌

関連記事

  1. Beauty目のトラブルを引き起こす危険性も!? 知らないと怖い“紫外線”のアレコレ

    目のトラブルを引き起こす危険性も!? 知らないと怖い“紫外線”のアレコレ

    12
  2. Beauty美容研究家が愛飲! 美肌復活のスペシャルドリンクは「酒かす」だった

    美容研究家が愛飲! 美肌復活のスペシャルドリンクは「酒かす」だった

    21
  3. Beauty「UV化粧品」の過信は禁物!日焼け止めの3原則は「ゆっくり、たっぷり、じっくり」

    「UV化粧品」の過信は禁物!日焼け止めの3原則は「ゆっくり、たっぷり、じっくり」

    29
  4. Beautyトリートメントは髪を絞ってから! サラツヤ髪が手に入る「正しいヘアケア」のコツ

    トリートメントは髪を絞ってから! サラツヤ髪が手に入る「正しいヘアケア」のコツ

    9

あわせて読みたい

Pickup