FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    “ぷっくり唇”や“綺麗なデコルテ”を叶える! 元ミスユニバースが教えるハイライト活用術

  1. Share

  2. お気に入り

    3

鏡を見ながら化粧をする女性の画像

化粧をする上で欠かせない最強アイテム「ハイライト」。頬や鼻筋にのせるだけで立体感やツヤ感を叶えてくれるハイライトには、実はまだまだ驚きの活用術がたくさんあります。そこで今回は、知っておくべきハイライトのアレコレをご紹介していきましょう。


ハイライトは“唇”にも使える!?

ぷっくりとした唇の画像

7月3日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、お笑い芸人の平野ノラが芸能人のカバンの中身を抜き打ちチェックする企画が行われました。今回のターゲットとなったのは、2007年度ミスユニバースで優勝に輝いたトップモデル・森理世さん。森さんが必ず持ち歩くという“ハイライト”が紹介された際に、トップモデルならではの使い方を教えてくれました。

顔の立体感やツヤをつくり出してくれる“ハイライト”は、日本人の肌になじみやすい“ピンクゴールド”を選ぶのがおすすめ。さらにハイライトを使ってスッとした鼻を演出したい時には、鼻の頭を過ぎたあたりまで塗るのが森流の塗り方です。

ハイライトの使い方は顔だけではありません。例えば首元の骨に沿ってハイライトを塗ってあげると、艶めいてキレイなデコルテをつくり出します。これからの季節は特にデコルテなどを見せる機会が多くなるので、重宝しやすいですね。

さらに“唇”にもハイライトをつけるポイントが。唇の真ん中あたりにハイライトを入れてからリップを塗ると“ぷっくり唇”に大変身。ハイライトによって唇にツヤと立体感が生まれるので、色っぽい印象をもたらしてくれます。ハイライトひとつで魅せる“メイクテクニック”をぜひ試してみてはいかが?

ハイライトの「パウダータイプ」と「クリームタイプ」はどう使い分ける?

化粧クリームをブラシで伸ばしている女性の画像

ひとくちで“ハイライト”といっても、「パウダータイプ」と「クリームタイプ」では使い方に大きな違いがあります。そこでここからは、“ハイライトの使い分け”についてご紹介。“かじえり”の愛称で親しまれるトップメイクアーティスト・梶恵理子さんのYouTubeチャンネル「KAJIERI MAKEUP」を参考に、ハイライトを使い分けるコツを学んでいきましょう。

まずはそれぞれの特徴について。パウダータイプのハイライトは、粒子が細かいので肌へのフィット感が抜群。顔の立体感やツヤ感を出すのにおすすめですよ。いっぽうのクリームタイプはラメ感が特徴的で、肌になじませると華やかな立体感やツヤ感をつくってくれます。

続いて2つのハイライトの使い分けテクニックをご紹介。フィット感に定評がある“パウダータイプ”はTゾーンなどのよれやすい部分に使うのがベターです。逆に華やかな立体感をつくる“クリームタイプ”をTゾーンに入れてしまうと、テカって見えてしまうのでNG。眉下や頬骨の上など顔のよれにくい部分にのせていくと、光に反射したときキレイに見えますよ。

動画を見た視聴者からは「ハイライトに違いがあるの初めて知った… とても勉強になりました」「いつも小鼻がテカって困ってた… 原因はハイライトにあったのか」「ハイライトの使い分けは前から気になっていたので、すごくありがたい」など“参考になった”という声が続出しました。

知っていると知らないとでは女子力に大きく響くハイライトの活用術。早速明日から試して、印象をガラリと変えてみるといいかも?

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. テクニック

関連記事

  1. Beauty柏木由紀さんもお気に入りのオレンジメイクに注目!爽やかなオレンジメイクのコツ

    柏木由紀さんもお気に入りのオレンジメイクに注目!爽やかなオレンジメイクのコツ

    3
  2. Beauty橋本マナミさんもトライ! メイクの仕上げにアレをプラスして仕事運UP

    橋本マナミさんもトライ! メイクの仕上げにアレをプラスして仕事運UP

    2
  3. Beautyチークは耳の横まで一直線!チークの使い方で小顔&高い鼻になるメイクのコツ2つ

    チークは耳の横まで一直線!チークの使い方で小顔&高い鼻になるメイクのコツ2つ

    13
  4. Beautyたった3分の“時短メイク”でデート成功! 彼をドキッとさせるクールな流し目がカギ

    たった3分の“時短メイク”でデート成功! 彼をドキッとさせるクールな流し目がカギ

    19

あわせて読みたい

Pickup