FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    夏太りの原因は「入浴方法」!? 太りやすい体をつくる原因とやせるための食生活

  1. Share

  2. お気に入り

    3

お風呂に入る女性の画像

食欲が落ちやすい夏場ですが、人によってはなぜか体重が増えてしまって困ることも多いようです。太りやすくなるのは、暑い日にやりがちな生活習慣が原因。今回は、やせやすい体をつくるためのヒントとおすすめメニューをご紹介します。


夏太りの原因となる生活習慣

黒いタイルの浴室と水が出ているシャワーの画像

7月30日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、夏に太りやすくなる人へ向けた対処法を特集。夏太りの原因となる生活習慣を探り、太りにくくなる食生活について調べていきました。

夏場に太りやすい人の特徴は、脂肪を燃焼させるために必要な基礎代謝が低い人。基礎代謝が下がるのは、日々の習慣に原因があります。まず1つめの原因は、入浴をシャワーのみで済ませること。湯船につからないと深部体温が上がらず、基礎代謝をあげることができません。

2つめの原因は、暑いからといって外出をしないこと。体を動かさずに筋力が衰えると、脂肪がどんどん蓄えられてしまいます。3つめは、冷たいものの食べすぎや飲みすぎ。冷たいものを食べると内臓が冷やされ、代謝だけでなく他の内蔵機能にも影響が。甘くて冷たい飲み物を1.5L以上摂取している人は、内臓の冷えとカロリーのとりすぎで体に悪影響をもたらしています。

以上の習慣に加えて、睡眠不足も肥満の要因。睡眠時間が5時間以下の人のうち、約50%の人が肥満の傾向にあるそうです。夏はじっとしていても大量に汗をかきますが、汗をかいたからといってやせることはありません。基礎代謝を上げるため、生活習慣を見直すことから始めましょう。

タニタ食堂の健康メニュー

野菜をカットしている画像

番組では健康総合企業「タニタ」を訪れ、基礎代謝を上げるためのおすすめの食材やメニューを調査。社員食堂に潜入し、夏の人気メニューを見ていきました。この日のメニューは、「チキンのカレーソース」「キャベツとちくわのサラダ」「きのこのおろし和え」「コーンと大根のスープ」など。胚芽米と合わせて、一汁三菜の理想的な献立になっています。

タニタ食堂のメニューは、全て総カロリー数500kcal前後、総塩分量は3g以下というルール。よく噛んで食べると摂取カロリーが抑えられるため、野菜を大きくカットしたり調理時間を調節して歯ごたえをアップさせるという工夫も。基礎代謝を上げるためには、高い脂肪燃焼効果があるアミノ酸、代謝のサポートとなるビタミンB、そして身体を温める成分を含む食材が有効。3つの要素を取り入れた食事を、しっかり噛んで食べるとより効果的です。

タニタ食堂のメニューは、「こんなにおいしそうなのに太らないなんて羨ましい!」「毎日献立真似できたらいいのに」「やせるためにタニタに入社したいとまで考えてる」とネット上でも大好評。代謝を上げる食生活と適度な運動で、スリムに夏を乗り越えたいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 基礎代謝
  2. 夏太り
  3. 睡眠不足

関連記事

  1. Healthcareサバ缶やツナ缶がポイント! “夏型栄養失調”を防ぐ効果的な栄養摂取方法

    サバ缶やツナ缶がポイント! “夏型栄養失調”を防ぐ効果的な栄養摂取方法

    2
  2. Healthcare入浴と夕食はどっちが先? 「この差って何ですか?」で紹介された睡眠不足にならない人の過ごし方

    入浴と夕食はどっちが先? 「この差って何ですか?」で紹介された睡眠不足にならない人の過ごし方

    35
  3. Healthcareスキップするだけで血流改善!? 認知症や骨粗しょう症を引き起こす“ゴースト血管”のリスクと対策法

    スキップするだけで血流改善!? 認知症や骨粗しょう症を引き起こす“ゴースト血管”のリスクと対策法

    29
  4. Healthcare15kg減のダイエットに成功した、睡眠コンサルタントの睡眠習慣改善法

    15kg減のダイエットに成功した、睡眠コンサルタントの睡眠習慣改善法

    3

あわせて読みたい

Pickup