FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    肌も夏バテ疲労をため込んでない? 秋冬に向けて美肌をつくるスキンケア術

  1. Share

  2. お気に入り

    4

秋冬のスキンケアのやり方記事タイトル画像

夏の間に降り注ぐ紫外線によって体だけではなく、お肌の内部でも大きなダメージを受けていることを知っていますか? 夏の間に受けた紫外線ダメージによる疲労によってお肌の代謝が乱れ、お肌のコンディションが崩れやすくなるのが季節の変わり目です。今回はエステティシャンである筆者が秋冬に向けてコンディション良好の肌をつくるためのスキンケア法をご紹介します。


夏のダメージによって起きる肌トラブルについて

夏のダメージによって起きる肌トラブルについて

(1)日焼け
夏のダメージによって起きる肌トラブルで有名なのは日焼けやシミですよね。紫外線によってお肌表面が火傷状態となり、赤くなって日焼けを起こしたり、肌質によっては赤くならずにそのままジワジワと黒くなってしまう方もいらっしゃいます。

(2)乾燥
日焼けから守るために日焼け止めを塗っていたり、汗によって体内の水分が蒸発しているにも関わらず、日焼けしてしまうとお肌の表面はどんどん乾燥し、結果としてお肌表面がガサガサになったり皮めくれが起きます。

(3)くすみ、シミ予備軍、シミ
過剰に紫外線を浴びてしまうことでお肌の内部では、細胞を守ろうとメラニンが過剰に働き細胞を守ろうとします。しかし、肌代謝が乱れてしまうことで本来なら垢となって排出していくメラニンが肌内部に停滞し、くすみやシミ予備軍となり、数年後にシミとなって肌表面に現れます。

(4)シワ、たるみ
ほかにも紫外線ダメージによって肌内部のコラーゲン層が破壊されることでお肌の弾力がなくなり、シワやたるみの原因にもなります。

秋冬に向けてコンディション良好の肌をつくるスキンケア法とは?

とにかく夏のダメージは早急にスキンケアで対処し、秋冬にダメージを持ち込まないことが鉄則です。スキンケアによって肌代謝を整えて肌内部に紫外線ダメージを停滞させないことが良いコンディションのお肌を維持する秘訣です。

(1)クレンジング、洗顔はたっぷりていねいに

洗顔のしかた

日焼け止めやメイク汚れ、皮脂汚れなどはクレンジング、洗顔でていねいに汚れを落としましょう。クレンジングの量が少ないと手とお顔を摩擦してしまい、かえってダメージを与える原因になってしまうので、少し多めの量を取り、メイク汚れを浮かすようになじませることがポイントです。
洗顔は泡が毛穴に入り込んで汚れを吸着するので、モコモコの泡を立てて転がすように汚れを落としましょう。ぬるま湯でしっかりと洗い流し、洗い残しのないようにしましょう。

(2)オイルマッサージ

オイルマッサージのやり方

お肌をさわっても乾燥している自覚がなくても、日焼けによるダメージや日頃のスキンケア不足によって肌内部が乾燥していることが多々あります。ホホバオイルやアルガンオイルなどの美容オイルを使ってお肌になじませます。あくまでも保湿目的なので、リンパ流しのマッサージではなく優しく包み込むようにマッサージをおこない、洗い流さずに次の化粧水へ。

(3)化粧水

化粧水を肌に入れ込む

特に量をケチられがちなのが化粧水。夏の肌内部の乾燥(インナードライ)は日焼けだけでなくエアコンや扇風機の風や汗による水分不足も多くあります。特に化粧水の量はいつもの3倍くらいは使うように意識してみましょう。コットンに化粧水をたっぷりとり、お肌を摩擦したりこすらずに、優しく塗布します。
新しいコットン5枚を容器に入れて化粧水をたっぷり含ませてヒタヒタにし、1枚のコットンを2枚に裂き、目の下、お鼻、フェイスライン、あご、おでこに合計10枚のせてコットンパックをおこないましょう。化粧水を角質にゆっくり浸透させ、2分ほどでコットンをはずすことがポイント。

(4)美容マスク

マスクを肌に密着させたところ

美容マスクは化粧水に比べて美容成分がたくさん含まれているため、必ず化粧水を浸透させた後につけるのが鉄則。大容量のものでもいいですが、7枚入りや3枚入り、小包装になっているもののほうがシートが厚めで美容液もたくさん含まれているのでオススメです。ビタミンC誘導体やアルブチン、コラーゲンやヒアルロン酸、EGFなどの美容成分が含まれているマスクがオススメ。

お顔の中心にマスクの中心を合わせて目もと、小鼻、あご、おでこを抑えながら空気を抜くようにお肌にぴったりと密着させるように乗せることがコツ。
マスクの後は美容液を逃さないためにも、目もとと口もとを開けてラップをしてもいいですね。
マスクは約10~15分を目安にはずしましょう。美容液がマスクに余っている場合は首や肩に塗って最後まで使いましょう。

(5)乳液、クリーム

乳液、クリームのつけかた

化粧水と美容液といった、肌内部に足りない水分とメラニンの排出を手助けする美容成分を与えた後は、それらをお肌に留めておき、逃さないために乳液とクリームは必要です。
クリームだけでは油分量が多すぎてなじみにくいこともあり、なじませやすくするためにも乳液も一緒に塗るほうがオススメ。手のひらの温度でプレスするようにゆっくりと浸透させましょう。

このように、体と同じように肌の表面や内部にも夏の疲労は蓄積されています。夏の疲労を秋冬まで持ち越すことで日焼けやシミ、シワ、たるみといった肌トラブルを年々招く結果となります。コンディションの良いお肌を維持するために、今回ご紹介した方法を日々のスキンケアに取り入れてみてはいかがですか?

 

寒川 あゆみ

大阪谷町九丁目エステサロンprivate salon Laule'a代表。自身のコンプレックスから美容、エステティックの道へ。サロン業の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. クレンジング
  2. マスク
  3. 乾燥
  4. 洗顔
  5. 紫外線

関連記事

  1. Beauty簡単だけど手間かけてる! 人気美容家の美肌の秘訣は“3ステップ洗顔”

    簡単だけど手間かけてる! 人気美容家の美肌の秘訣は“3ステップ洗顔”

    13
  2. Beauty美容家のお気に入りは? 夏の素肌を守る「クレンジング&洗顔」の選び方

    美容家のお気に入りは? 夏の素肌を守る「クレンジング&洗顔」の選び方

    2
  3. Beautyプチプラアイテムで美白&リフトアップ! セルフエステ法をエステティシャンが伝授

    プチプラアイテムで美白&リフトアップ! セルフエステ法をエステティシャンが伝授

    5
  4. Beautyクレンジングは不要!? 医師が答える「本当に肌がキレイになる」方法

    クレンジングは不要!? 医師が答える「本当に肌がキレイになる」方法

    16

あわせて読みたい

Pickup