FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    43

鏡を見る女性の画像

年齢を重ねるごとに気になってくるのが“顔の印象”。重力や筋力の低下で顔がたるんでしまい、実年齢よりも老けて見られがち。そこで今回は、顔のたるみや二重あごに効果があるエクササイズを紹介していきましょう。


“シルク流老け顔予防体操”とは?

舌を出す女性の画像

8月17日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、“美のカリスマ”と呼ばれるシルクさんが登場。お笑い芸人の南原清隆さんと有吉弘行さんに、顔のたるみや二重あごをスッキリさせる“シルク流老け顔予防体操”を伝授してくれました。

まず2人がチャレンジするのは、見落としがちな唇の縦じわを防ぐ“唇エクササイズ”。左右の口角とあごの3点に力を入れながら唇を震わせます。口角が動かないようにしっかりと止めてから、唇を震わせるのがポイント。就寝前に30秒やるだけで、縦じわだけでなく口角も上がって一石二鳥ですよ。

口元が若返ったら、次に行うのが二重あごをスッキリさせる“舌エクササイズ”。まずはあごをあげて舌をできるだけ真上に上げましょう。そのままの状態で舌を“メトロノーム”のように動かすことで、あごと首の筋力がアップ。またストレッチ中に目も一緒に左右へ動かすと、老眼予防にも効果があります。

想像以上に辛いストレッチは、挑戦した南原さんが「僕は二重あごのままでいいです」と弱音を吐くほど。実際にトライしてみた視聴者からも「さっそく首が筋肉痛になった!」「顔の筋肉がこんなにも使われていないなんて、身をもって実感しました」「少しやっただけで顔中がめちゃくちゃ痛いです…」「効いてる感が凄い!」と驚きの声が上がっていました。

頬のたるみで起こる“ブルドッグ顔”解消エクササイズ

ブルドッグの画像

最後に紹介するエクササイズは、多くの女性が悩んでいる頬のたるみを解消する体操です。名画“ムンクの叫び”みたいに口を縦に伸ばし、口をキープしたまま下瞼を上に持ち上げましょう。このときに注意したいのが“唇の形”。“アヒル口”にならないように、唇をできるだけ口の中に入れることを心がけてください。眉毛や上まぶたを動かさずに“頬の筋肉”を意識しながら、1日15秒程度で2セット行うと効果が実感できます。

簡単にできるストレッチの数々に、ネット上では「自宅ですぐできるのはありがたい!」「これで実年齢より若くみられちゃうかも」「早速明日から実践してみたいです!」「器具を使わないでできるのがお財布にも優しくて助かる」「頬のたるみは今まで諦めてたから、今回のストレッチを知って改善していきたい!」といった反響が続出。

老け顔でお悩みの人は、“シルク流老け顔予防体操”にチャレンジしてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    43
  1. たるみ
  2. 二重あご

関連記事

  1. Beauty原因はスマホ姿勢⁉ こぶしカッサで、二重あご・エラ張りを解消

    原因はスマホ姿勢⁉ こぶしカッサで、二重あご・エラ張りを解消

    93
  2. Beauty見た目年齢が若返る!こぶしカッサで、ほうれい線もたるみも撲滅

    見た目年齢が若返る!こぶしカッサで、ほうれい線もたるみも撲滅

    120
  3. Beauty筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    53
  4. Beauty老け見えにつながる「ほうれい線」を目立たせていた6つの原因

    老け見えにつながる「ほうれい線」を目立たせていた6つの原因

    40

あわせて読みたい

Pickup