FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    中太眉&平行眉でやさしい印象に! グラデーションを活かして“愛され眉”をつくる方法

  1. Share

  2. お気に入り

    42

中太眉&平行眉でやさしい印象に! グラデーションを活かして“愛され眉”をつくる方法

ポイントメイクの中でも、ちょっとした違いで大きく印象が変わってしまうのが眉メイク。自眉は人によって色や形が違うので、トレンド眉をつくるには描き方から真似しなければなりません。今回は、やさしい印象の“愛され眉”をつくるためのポイントをご紹介します。


“愛され眉”をつくる方法

ネット番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」などで活躍しているメイクアップアーティスト・かじえりさんは、自身のYouTubeチャンネルでさまざまなメイクテクニックを公開した動画をアップしています。眉の描き方もいくつか動画になっていますが、中でも“愛され眉”のつくり方を解説した動画が人気を集めているよう。

かじえりさんはまず、濃いブラウンのアイブロウシャドウで眉尻から描き始めました。シャドウは斜めにカットされた専用ブラシを使い、眉尻の形は曲線を意識。最近は角度のついていない眉が流行しているため、眉尻を上げすぎないように気をつけましょう。

眉の下側は、目と平行になるように眉頭から眉尻までゆるやかなカーブを描きます。眉尻に角度がついたり線がブレてしまうと、仕上がりが雑になってしまうので注意。眉の太さについては、細すぎず太すぎない中太あたりがベストですよ。

眉の中間部分は、眉尻より少し薄いブラウンで上の輪郭をプラス。ブラシをピッタリあてて描くと色が濃くなってしまうので、眉の毛先にあたるくらいの軽いタッチで乗せるといいでしょう。ゆるやかなカーブを作れば、ふんわりした眉がつくれます。

 

ペンシル&眉マスカラで仕上げ

眉頭は人によってすっぴんの状態が違いますが、薄い人や下に下がりぎみな人は上にシャドウを足すと柔らかい雰囲気に。描きすぎると困り眉になってしまうこともあるので、自眉の形を見ながら調節してください。かじえりさんは一番薄いブラウンのシャドウを、眉頭から全体にかけてふんわり乗せました。

パウダーだけでは色のムラが目立ってしまうので、アイブロウペンシルで毛を描き足していきます。輪郭を崩さないように眉の中心部を重点的に描けば、目立つ色ムラはなくなるはず。描きすぎると眉が濃くなってしまうので、バランスを見ながら描きましょう。

仕上げの眉マスカラは、髪の色よりワントーン明るいカラーがおすすめです。自眉とシャドウを乗せた部分の色をなじませれば、優しい印象の眉が完成。動画を見たファンからは、「かじえりさんの眉毛の書き方は参考になる」「基本的な描き方もトレンドも教えてくれてありがたい!」「試してみたら印象が変わった」と好評の声が続出しています。

眉を描くときのポイントは、眉頭を明るく、眉尻を濃くするグラデーションとゆるやかにカーブした形。最近は短めの眉が人気なので、新しいメイクに挑戦したい方は参考にしてみては?

 

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    42
  1. アイメイク
  2. 小顔
  3. 美肌

関連記事

  1. Beauty「めっちゃかわいいやん!」整形級メイクと二階堂ふみさんの盛り髪テクニックがネット上で話題

    「めっちゃかわいいやん!」整形級メイクと二階堂ふみさんの盛り髪テクニックがネット上で話題

    54
  2. Beauty小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    40
  3. Beauty「アイプチ無しでOK!」目を大きく見せるアイメイクポイント2つ

    「アイプチ無しでOK!」目を大きく見せるアイメイクポイント2つ

    27
  4. Beauty秋のトレンドはメタリック! NMB48・吉田朱里さんが伝授するキラキラメイク術

    秋のトレンドはメタリック! NMB48・吉田朱里さんが伝授するキラキラメイク術

    34

あわせて読みたい

Pickup