FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    秋のトレンドはメタリック! NMB48・吉田朱里さんが伝授するキラキラメイク術

  1. Share

  2. お気に入り

    4

かわいい女性の画像

ハリウッドセレブや女優のゴージャスなメイクとは違い、かわいさがあふれる“アイドルのメイク”。キュートで愛嬌がある仕上がりなので、一度は真似してみたくなりますよね。そこで今回は、現役アイドルが伝授する“秋のキラキラメイク術”をご紹介しましょう。


■ラメを使った“キラキラメイク術”

メイク中の女性の画像

NMB48に所属する吉田朱里さんは、自身のYouTubeチャンネルに“秋のトレンドメイク”を紹介する動画を公開。握手会で好評だった、ラメを使った“キラキラメイク術”を伝授してくれました。

まず吉田さんが取りかかったのは“眉毛”。ブラウンのアイブロウとアイブロウマスカラで平行気味に描いていきます。眉毛が完成したら、次は今回のメイクで一番重要な“アイメイク”から。アイシャドウを塗る前に、アイベースをアイホールと涙袋に塗りましょう。アイベースのおかげで汗でも落ちにくくなり、ラメの密着度がアップします。

ベースの後はブラウンのアイシャドウを、アイホール全体と下まぶたの目尻から黒目部分まで塗ってください。その上から、ラメ入りのブラウンシャドウを黒目の上と涙袋に重ねて入れましょう。

アイシャドウがある程度完成したら、次は薄いブラウンのリキッドアイライナーで二重幅に“ダブルライン”を描きます。このときに涙袋の影もなぞるように塗るのも忘れずに。目の印象がガラリと変わるダブルラインに、視聴者からは「二重が協調されてパッチリ見える!」「これは真似したいワンポイント」と驚きの声が上がっています。

■キラキラ感をアップさせるパール使い

キラキラした女性の画像

ダブルラインを引いたら、アイメイクも終盤に突入。まずはピンクブラウンのパールパウダーを、二重幅の目尻側と下まぶたの目尻1/3に塗って“キラキラ感”をアップさせましょう。

次にブラウンのペンシルライナーで、インラインと黒目の上から目尻側にかけて塗ってください。上から濃いめのブラウンリキッドライナーで、目尻側を“垂れ目っぽく”描くとかわいらしい印象になります。仕上げに暗めのブラウンシャドウでアイラインをぼかすと、ラインのもちがよくなっておすすめ。最後にラメ入りのピンクシャドウを下まぶたのキワに乗せ、ブラウンのマスカラを上下両方につければ“キラキラアイメイク”の完成です。

キラキラなラメを取り入れたアイメイクに、ネット上では「メタリック感がすごくかわいい!」「今年の秋冬はこのキラキラメイクで決まり」「細かいところまで教えてくれるから参考になる!」といった反響が続出していました。

吉田さんは最後に、薄いピンクのチークとワインレッドのクレヨンリップを使って愛らしい印象に仕上げています。トレンドを押さえつつかわいさも忘れない吉田さんのメイクを、ぜひ参考にしてみては?

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. アイメイク

関連記事

  1. Beautyそろそろヤバい!?年齢が気になったら始めたい“盛り過ぎない”アイメイク

    そろそろヤバい!?年齢が気になったら始めたい“盛り過ぎない”アイメイク

    13
  2. Beauty中太眉&平行眉でやさしい印象に! グラデーションを活かして“愛され眉”をつくる方法

    中太眉&平行眉でやさしい印象に! グラデーションを活かして“愛され眉”をつくる方法

    11
  3. Beauty海でも山でも“パンダ目”とは無縁!? プロが教える夏の最強アイメイクのしかた

    海でも山でも“パンダ目”とは無縁!? プロが教える夏の最強アイメイクのしかた

    18
  4. Beauty今年イチオシのオレンジメイクが「かわいい!」カラーを二重幅と涙袋に入れて女度UP!

    今年イチオシのオレンジメイクが「かわいい!」カラーを二重幅と涙袋に入れて女度UP!

    23

あわせて読みたい

Pickup