FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    ブラウン×ネイビーで色っぽさを演出!メイクアップアーティストが教える秋の辛口トレンドメイク

  1. Share

  2. お気に入り

    2

キリっとした女性の画像

季節や服装に合わせてメイクの色味を変えている女性は多いはず。秋冬には、春夏とは違う“辛口”なメイクを楽しみたいですよね。そこで今回は、これからの季節にぴったりな辛口メイクを紹介していきます。


■ネイビーを使った秋のトレンドメイク

ネイビーのアイシャドウと小物の画像

9月7日放送の「BeauTV ~VOCE」(テレビ朝日系)では、この秋マネしたい辛口メイクを大特集。教えてくれたのは、女優やモデルに大人気のヘアメイクアップアーティスト・千吉良恵子さんです。

千吉良さんは定番のブラウンをベースに、全体を辛口に仕上げるメイク方法を伝授。まずは赤のアイシャドウをアイホールに塗っていきます。クリームタイプの赤を使えば、血色のあるほのかな赤みに。グレイがかったブラウンをアイホール全体に塗った後、濃いブラウンを二重幅に重ねていきましょう。

次にシャドウの上からアイラインを引くのですが、アイライナーには“ネイビー”を使うのがポイント。まつ毛のキワに沿って下まぶたや目頭まで隙間なくアイラインを引くことで、より辛口度がアップしますよ。

ここでナチュラルに見せるためにさらにひと手間。まず下まぶたにグレイがかったブラウンのシャドウを重ね、アイラインをぼかしていきます。さらに目じりの三角ゾーンも、同じ色のシャドウで埋めるように囲みましょう。黒やブラウンが定番のアイラインですが、ネイビーを使うことでブラウンより華やかで黒よりソフトな仕上がりに。

ネット上でもネイビーのアイラインは注目を集めており、「秋冬っぽくてかわいい!」「この前テスター使ったら意外と顔なじみもよかったし、ネイビーのアイライナー買ってみようかな」「アイライナーは常にブラックだから、ネイビーに挑戦してみたい!」という女性は多いよう。また千吉良さんは今回のように目元がはっきりとしたメイクの際には、肌なじみのいいコーラル系のリップがおすすめだと明かしています。

■ネイビーに合うベースメイク方法

ベースメイクをする女性の画像

目元とリップの次は、チークを含めた肌づくり。千吉良さんは「メイクが仕上がった上からも使える」と、メイクの仕上げに使う“ハイライター”を紹介してくれました。千吉良さんが使用しているハイライターはジバンシイの商品で、スポイトの先が筆になっている優れもの。

タン・クチュール・ラディアント・ドロ ¥6,804(税込)/ジバンシイ

まず頬骨の一番高いところにハイライターを3点ほどのせ、スポンジで少しずつ伸ばしていきます。ハイライターをのせることで、高いところがよりツヤ肌になり際立つのだそう。次にシューディングカラーをUゾーンに、ハイライトの下にチークをイン。仕上げに黒のマスカラを塗ったら完成です。

キリっとしながらブラウンで色っぽさも出した辛口メイクは、まさにハンサムという感じ。この秋はネイビーを使ったアイメイクで、ハンサム女子を目指してみては?

文/プティ・キョーコ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. テクニック
  2. 小顔

関連記事

  1. Beautyナチュラルメイクが好きな人は要注意。若見えメイクのコツは「メリハリ」と「ツヤ感」

    ナチュラルメイクが好きな人は要注意。若見えメイクのコツは「メリハリ」と「ツヤ感」

    23
  2. Beauty忙しい人にはうってつけ! YUKIさんのような透明感を演出する時短メイクテクニック

    忙しい人にはうってつけ! YUKIさんのような透明感を演出する時短メイクテクニック

    2
  3. Beauty目指すはお風呂上がりの肌!旬の小顔創りに欠かせないベースメイクのしかた

    目指すはお風呂上がりの肌!旬の小顔創りに欠かせないベースメイクのしかた

    41
  4. Beauty11個のカツラ!? 54色のアイシャドウ!? 渡辺直美さんの私物を徹底解明

    11個のカツラ!? 54色のアイシャドウ!? 渡辺直美さんの私物を徹底解明

    3

あわせて読みたい

Pickup