FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    フラットシューズは足が疲れやすい!? 足のサイズを正しく測る方法と試し履きのポイント

  1. Share

  2. お気に入り

    5

靴を履く女性の足元の画像

新しい靴を選ぶとき、デザインはもちろんサイズも自分にあったものを選ばなければなりません。洋服は多少サイズが合わなくても着こなせますが、靴の場合は靴ズレや足の疲れ、外反母趾などを引き起こしてしまいます。お店で選ぶときに覚えておきたいポイントを押さえて、疲れ知らずな靴を見つけましょう。


■フラットシューズのデメリット

赤いハイヒールの画像

11月21日放送の「あさイチ」では、足のトラブルを予防するための靴の選び方を特集。シューフィッターの西村泰紀さんが、靴の形によるメリット&デメリットや試し履きで自分に合う靴を見極める方法などをレクチャーしてくれました。

最近女性の間で人気なのが、ヒールのないフラットシューズ。歩きやすさと見た目のおしゃれさを兼ね備え、カジュアルにもフォーマルにも合わせられるのが特徴です。靴底も柔らかく疲れにくそうなイメージがありますが、実際は脚の筋肉に負担をかけやすいというデメリットが。ヒールの靴には靴底部分に“背骨”と呼ばれるパーツが入っているのに対し、フラットシューズにはこのパーツがありません。そのため脚の筋肉がこわばり、筋肉痛になりやすいのです。

靴を選ぶときに、自分の足にぴったりなサイズを選ぶことも大切。小さすぎる靴はもちろん、大きすぎる靴も外反母趾やタコ、靴ズレの原因です。足のサイズを測るときは、紙の上に足を置いて印をつけるやり方がおすすめ。ひざを90度に曲げてイスに浅く腰掛け、かかとの出っ張った位置から一番長い指先までが基本的なサイズになります。測ってみると自分が思っていたサイズと違ったという人が多く、「意外と自分の足が小さくてびっくり」「今の靴めっちゃ大きいじゃん!」「ワンサイズ落としても大丈夫かも」などの声が続出。楽に履けるということから、大きめの靴を選びがちな人がほとんどのようです。

■試し履きでチェックしたいポイント

靴を選ぶ女性の画像

足のサイズが分かっても、靴のメーカーやブランドによって表記やサイズ感はまちまち。自分の足にフィットしているかどうか、実際に試し履きしてチェックしてみる必要があります。しかし鏡の前でちょっと履いてみるだけでは、長時間の歩行に耐えられるかどうかわかりません。いくつかのチェックポイントを見て、足と靴の相性を確かめていきましょう。

靴を履いたら、まずつま先側の履き口の真ん中に指を入れてください。幅がぴったり合った靴なら、爪の先までしか入らないはず。次はつま先側に体重をかけ、指のつけ根部分にシワが寄っていないか確認。指のつけ根と靴の曲がる位置がずれていると、タコや甲の痛みの原因になってしまいます。

今持っている靴を長く履きたいときは、インソールを入れて調節することも可能。痛む部分に合わせて、ポイントタイプのインソールを選びます。つま先の痛みには、足の横幅と同じくらいの楕円形のインソール。親指のつけ根が痛むときは、つま先寄りの中心に置く雫型のインソールと土踏まずに当てる三日月型のインソールを併用するといいでしょう。

試し履きをするときは、いつも通りの姿勢でできるだけ長めに歩いてみることも大切。足にフィットしていれば靴の消耗も最小限に抑えられるので、お気に入りの靴を長く履き続けるためにもぜひ試してみてくださいね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5

関連記事

  1. Beautyこんなにも華奢見えする! 今すぐ手に入れておきたい、2018美靴ブランド

    こんなにも華奢見えする! 今すぐ手に入れておきたい、2018美靴ブランド

    43
  2. Beauty低ヒールなのにすさまじくキレイ!高ヒールじゃなくても足元美人になれる「美脚靴」3選

    低ヒールなのにすさまじくキレイ!高ヒールじゃなくても足元美人になれる「美脚靴」3選

    23
  3. Beauty痛くないツラくない、足のトラブルとはもはや無縁に!色違いでそろえたくなるオシャレ靴の選び方

    痛くないツラくない、足のトラブルとはもはや無縁に!色違いでそろえたくなるオシャレ靴の選び方

    19
  4. Beautyここにあった!見た目だけじゃない、歩き方まで美しくなれる「美人靴」の選びかた

    ここにあった!見た目だけじゃない、歩き方まで美しくなれる「美人靴」の選びかた

    17

あわせて読みたい

Pickup