FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    【医学博士が教える】「目の疲れ・肩こり・首こり・腰痛」を改善する入浴方法を伝授!

  1. Share

  2. お気に入り

    17

女性が手を背中に回してストレッチしている入浴中の女性の後ろ姿

肩こりは日本人の2人に1人は感じているという調査もあり、他人ごとではありません。また、パソコンやスマートフォンの使いすぎで「目の疲れ(眼精疲労)」は今や慢性化している人も多いのでは? そこで、『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案 最高の入浴法』の著者で医学博士の早坂信哉さんに、目の疲れ、肩こりや首こり、腰痛に効果的な入浴法を教えていただきました。


目の疲れには温めることが効果的!

ホットタオルの画像

デスクワークの人など、目の疲れは日常茶飯事。しかし、眼精疲労を放っておくと、頭痛や吐き気、肩こりなども誘発します。

「眼精疲労の原因はさまざまですが、目の周りの血流が滞ることがその一つに挙げられます。目の周囲の筋肉が緊張し、血の巡りが悪くなることで疲労物質がたまってくるのです。

そんなときはお風呂が最適です。38℃~40℃のぬるめのお湯に15分ほどゆっくり浸かり、蒸しタオルなどを目に当てて温め、周囲をマッサージすることで血流がよくなり、疲労物質の代謝を促進します。
このほか、42℃の熱めの温度のシャワーを目の周囲に当てることで(目はしっかりつぶること)疲れを取る方法もあります。

浴室は、目にやさしい環境づくりを

浴室の照明は、白い光の蛍光灯ではなく、オレンジ色の電球色に変えましょう。蛍光灯の白い光は、交感神経を刺激して、よい睡眠にもつながりません。一方、暖色系のやわらかな光は、目に優しく、心身をリラックスさせてくれます。リラックス空間である浴室はオレンジの光で、目と心を休ませてあげましょう」

次のページでは、肩こりや首こり、腰痛に効果的なお風呂の入り方をご紹介。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    17
  1. お風呂
  2. 自律神経

関連記事

  1. Beauty【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」

    【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」

    10
  2. Beauty【温泉療法専門医が教える】じつは意味がなかった⁉ 間違いだらけの入浴法とは?

    【温泉療法専門医が教える】じつは意味がなかった⁉ 間違いだらけの入浴法とは?

    6
  3. Beauty【医学博士が教える】「いつも体がだるい…どうして?」5つの入浴ポイントで疲れがスッキリ!

    【医学博士が教える】「いつも体がだるい…どうして?」5つの入浴ポイントで疲れがスッキリ!

    6
  4. Beauty風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方

    風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方

    5

あわせて読みたい

Pickup