FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    女性の不調「冷え性・生理痛・PMS・更年期障害」が軽減するお風呂の入り方を紹介!

  1. Share

  2. お気に入り

    8

半身浴中に水を飲んでいる女性の後ろ姿の画像

女性ならではの症状といっても、圧倒的に女性に多い冷え性から、個人差が大きい生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害。重い場合は日常生活に支障が出てしまうほど。その症状を少しでも軽くするために、『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案 最高の入浴法』の著者で医学博士の早坂信哉さんに、冷え性改善のお風呂の入り方を教えていただきました。


そもそも冷え性とは?

モコモコ靴下を履いている女性の足元画像

多くの女性を悩ます冷え症。ある報告によると女性の2人に1人は冷え性ともいわれています。しかし、驚くことに海外では「冷え」という概念がないそう。そのため、日本人特有の症状ともいわれているといいます。

「女性のほうが『冷え』を訴えるのは、男性よりも筋肉量が少ないからといわれています。筋肉は、血流をよくして熱を作る働きがあります。現在、『冷え』は一般的に、『体に自覚的な冷えの苦痛がある』『体幹と末梢の温度差が大きい』『いったん冷えると体温の回復が遅い』などの症状があります」

冷え性の人は熱いお湯に入ってはダメ⁉

冷え性の対策として、体を温めることがポイントですが、熱すぎるお風呂にはいるのは間違いだといいます。

「確かに、42℃以上のちょっと熱めのお湯に浸かると、体温も一時的に上がり、手足の皮膚の表面温度も上がります。しかし、熱いお湯で急に体温を上げても、体の温まりは持続しないので要注意です。といいますのも、人は急激な体温上昇があると、汗をたくさんかいて体温を下げようとしてしまうからです。そのため、急速に体温は下がってしまうので、冷え性は改善されません。

冷え性の対策としては、40℃~41℃程度のお湯に10分程度入りましょう。少しぬるめのお湯に長めに浸かって、体の中から温まることが重要なのです」

次のページでは、生理痛・PMS・更年期障害が改善するお風呂の入り方をご紹介。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    8
  1. お風呂
  2. 自律神経

関連記事

  1. Beauty【医学博士が教える】「いつも体がだるい…どうして?」5つの入浴ポイントで疲れがスッキリ!

    【医学博士が教える】「いつも体がだるい…どうして?」5つの入浴ポイントで疲れがスッキリ!

    6
  2. Beauty風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方

    風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方

    5
  3. Beauty【温泉療法専門医が教える】じつは意味がなかった⁉ 間違いだらけの入浴法とは?

    【温泉療法専門医が教える】じつは意味がなかった⁉ 間違いだらけの入浴法とは?

    6
  4. Beauty【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」

    【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」

    10

あわせて読みたい

Pickup