FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    スポンジを水に浸す!? 化粧持ちが格段にアップする“ベースメイク法”

  1. Share

  2. お気に入り

    9

コットンを使用している女性の画像

化粧は時間が経つと、どうしても落ちてきてしまうもの。“メイク崩れ”に悩む女性は多いようで、ネット上では「早起きしてきっちりメイクしたのに崩れてきた」「丁寧にファンデを塗ったのに、メイクが落ちる」「アイラインがヨレるのをなんとかしたい」「落ちないメイク術を取り入れたいなぁ」といった声が相次いでいます。今回は、運動しても崩れない“メイクテクニック”をご紹介。持っているメイクグッズの使い方を少し変えるだけなので、すぐに実践できるはず。どのようなテクニックなのか、さっそくチェックしていきましょう。


■お直し不要!? 崩れない化粧を実現するメイクテクニック

走っている女性の画像

2月28日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)には、メイクアップアーティストの長井かおりさんが登場。“マラソンしても落ちないメイク術”を教えてくれました。お直しが不要になるため、スポーツシーン以外でも役立つテクニックが満載です。

長井さんによればスキンケアをしっかり行わないと、簡単にベースメイクが崩れてしまうそう。そこで化粧をする前に、まずスプレーボトルに入れた化粧水を顔全体に吹きかけます。次にとろみのある化粧水をたっぷり手に取り、顔を洗うように塗りましょう。目もとは目を開けた状態で塗ると、水分が隅々まで浸透。また口もとは、ほうれい線を伸ばすように押し上げるのがポイントです。

最後にUV効果のある乳液をムラなく顔にすり込めば、スキンケア完了。ほほに手の甲を当てたときに吸いつくような質感を感じたら、肌にうるおいが満ちた証拠ですよ。

同番組を見ていた人からは、「ここまでしっかり保湿を行うとは思わなかった」「さっそく明日から試してみます」「隅々まで化粧水を塗るのが大切なんだね」といった反響の声が上がっていました。

■化粧持ちが格段にアップするメイク術

メイク道具の画像

続いては、化粧持ちがアップする「ベースメイク法」を紹介。はじめに毛穴用下地を、毛穴が目立つ小鼻に塗っていきます。下地クリームはただ伸ばすのではなく、小刻みに小さな円を描くように塗るのがコツ。次にスポンジを水で濡らし、絞ってからティッシュで水けを取ってください。濡らしたスポンジには、リキッドファンデーションをつけて使用。ファンデーションは水分を含ませてから塗ると、肌の表面で固まるので落ちにくくなります。

顔全体に塗ったあとは、“美肌ゾーン”とよばれる目もとの下にファンデーションを重ねづけ。そうすることでよりキレイな仕上がりになり、さらにメイクの崩れにくさがアップするそうです。

次にパフで仕上げ用のパウダーを取り、もみ込みながら粉を均一に整えましょう。Tゾーンにパウダーをのせる際には、パフを折り曲げてしっかり塗るのがポイント。そのほかの部分はパフを平らにして、ふわっとのせる程度で大丈夫です。またアイシャドウの筆で目もとにパウダーをつけていくと、アイメイクの崩れ防止に。仕上げに化粧水スプレーを空中に吹きかけて、顔に浴びせます。顔を手で包み込み、軽くプッシュすればベースメイク終了。“リキッドファンデーション・粉・化粧水スプレー”をサンドイッチ構造にすることで、落ちにくいメイクの実現が可能に。

実際にお笑いタレントの虻川美穂子さんは“落ちないメイク術”を試したあと、1時間半のマラソントレーニングを実施。マラソン後に鏡を確認した虻川さんは、「まるで走っていないみたい!」とコメントしていました。崩れないメイク術を実践して、周りと差をつけてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. ベースメイク
  2. メイク術

関連記事

  1. Beautyほうれい線には「ネコひげ塗り」メイクさん伝授の大人のベースメイク

    ほうれい線には「ネコひげ塗り」メイクさん伝授の大人のベースメイク

    20
  2. Beauty人工的なぷるるん唇はNG!超自然な“プロ流”マイナス5歳リップのつくりかた

    人工的なぷるるん唇はNG!超自然な“プロ流”マイナス5歳リップのつくりかた

    39
  3. Beauty崩れにい夏メイクのコツは頬の“美肌ゾーン”を意識したベースメイクで!

    崩れにい夏メイクのコツは頬の“美肌ゾーン”を意識したベースメイクで!

    40
  4. Beauty目指すはお風呂上がりの肌!旬の小顔創りに欠かせないベースメイクのしかた

    目指すはお風呂上がりの肌!旬の小顔創りに欠かせないベースメイクのしかた

    66

あわせて読みたい

Pickup