FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    美眉アドバイザー直伝の顔タイプ別に見る「眉メイク法」

  1. Share

  2. お気に入り

    3

眉毛を強調している女性の画像

眉毛は自分に適した形をチョイスしないと、外見の印象が悪くなることも。流行りの眉メイクを選びがちですが、大切なのは顔の形と合った“眉作り”です。マッチした眉を正しく描けば顔を小さく見せる効果も。しかしベストな眉メイクに出会えていない人は多いようで、ネット上では「ラクだから細眉にしてるけど、似合ってないような気がする」「誰か自分に合った最適な眉毛を教えてください…」「いろいろな眉メイクを試しましたが、どれがいいかいまだにわからない」といった声が続出。そこで今回は、顔タイプ別によって違う「眉毛の描き方」を紹介していきましょう。


“美眉アドバイザー”が伝授する顔タイプ別の「眉メイク法」

眉メイク中の画像

3月18日放送の「あさイチ」(NHK)では、“眉メイクの攻略法”を特集。番組には“美眉アドバイザー”の玉村麻衣子先生が登場し、顔タイプ別に分けた「理想的な眉の形」を教えてくれました。

はじめに紹介されたのは、“丸型”に適した「眉の描き方」です。ポイントは、眉尻を少し長めに描くこと。“眉尻の終わり”と“髪の生え際”の余白を狭くすると、より小顔に見せられます。逆に眉尻を短くした場合は、顔幅が強調されるのでNG。メイクする際は小鼻と目尻を結んだ延長線上に眉尻がくるよう、長めに描きましょう。さらに丸みを持たせた形にすれば、バランスの整った眉毛を作れます。

同番組を見ていた視聴者からは、「眉毛は自己流で描いてましたが、これからは自分の顔に合ったメイク方法に変えてみます」「眉毛の重要性が身に染みた内容でした」「正しい眉メイクをするだけで外見の印象がこんなに変わるのか」といった反響の声が上がっていました。

面長型や四角型の顔をより小さく見せるメイクテクニック!

眉毛を描いている女性の画像

続いて“面長型”のメイク方法をピックアップ。線を引く際は、短くて平行なラインの眉を描いてください。目の横に余白ができることで、顔が大きく見える印象を改善してくれるそう。最後に紹介された「四角型」の場合は、平行よりもプラス10度ほど上昇させながら眉を描きます。眉に角度をつけると、ほほからあごにかけてのフェイスラインをシャープに見せる効果が。四角型は顔の下半分にボリュームが出やすいため、大きさをカバーするときに最適な眉メイク法です。

実際に玉村先生のメイク方法を取り入れた人からは、「丸い顔を気にしてたけど、玉村先生の眉メイクならコンプレックスを克服できるかも」「長く見えていた顔のサイズが小さくなった気がする」「眉毛に角度をつけてみたら、顔の大きさをしっかりカバーしてくれて凄い嬉しい」「さっそく眉メイクを実践しました。友人から『今日のメイクいいね』って褒められた」といった声が続出。

顔の形と合ったメイクにチャレンジして、ベストな眉毛を見つけてみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 眉メイク

関連記事

  1. Beauty「眉頭のカラーを鼻すじまで伸ばして立体感」メイクさんが伝授する大人の眉メイク

    「眉頭のカラーを鼻すじまで伸ばして立体感」メイクさんが伝授する大人の眉メイク

    22
  2. Beautyハズレなし、崩れなし♡ プロおすすめの厳選「クッションファンデ」を一挙公開!

    ハズレなし、崩れなし♡ プロおすすめの厳選「クッションファンデ」を一挙公開!

    5
  3. Beautyツヤ肌派必見♡仕上がり別《プチプラハイライト》をレビュー!¥1,500前後で理想のツヤ美肌に

    ツヤ肌派必見♡仕上がり別《プチプラハイライト》をレビュー!¥1,500前後で理想のツヤ美肌に

    2
  4. Beauty汗でメイクが崩れやすい! どうしたらいいの? 美容のプロが教える「ベースメイクテク」

    汗でメイクが崩れやすい! どうしたらいいの? 美容のプロが教える「ベースメイクテク」

    7

あわせて読みたい

Pickup