FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    11

日差しを浴びたの画像

昼間の日差しの強さを肌身で感じるようになりました。うっかり日焼け止めを塗らずに出てしまったら、肌は危険にさらされた状態に! そう、太陽光は肌にダメージを与える最大の原因なのです。 今回は、光が肌に与えるダメージを知って、美肌ケアに役立てましょう。


光のダメージは肌老化のもと

日差しに透けた麦わら帽子の画像

夏に向かっていく季節、これからますます怖いのが日焼けですね! 紫外線の量がどんどん増えていくので、毎日の日焼け対策はマストです。今年の日焼け止めのご用意はもうできていますか?

光から肌を守ることは、美肌のための最前線ケアといってもいいくらい重要です。私が化粧品メーカーで商品開発をしていたときに、同僚の研究員から口を酸っぱくして言われていたのも「日焼け止めは絶対忘れないで!」ということでした。

商品開発者は、開発中のサンプルをテストすることが多いので、しょっちゅう洗顔をしてすっぴんで仕事をしたり、忙しいときはそのままランチへ外出、なんてことも。実はそれは肌にとってはもってのほかのNG行動! 肌研究の最先端にいる研究員にとって、日焼けが肌にどれほどダメージを与えるかは常識中の常識なので、いつもアドバイスをしてくれていたというわけです。

太陽光の影響による肌の老化を「光老化」と言います。真っ先に思い浮かぶのは、紫外線ではないでしょうか? 確かに肌が老化する原因の約8割は紫外線によるダメージである、という研究結果もあるほど。

ところが最新の肌研究では、肌の脅威は紫外線以外の太陽光や、生活に密着したさまざまな光によってももたらされることがわかってきたのです。一体どんな光が肌ダメージになってしまうのか、ご紹介しましょう!

太陽光だけにあらず! 光の種類で変わる肌ダメージ

麦わら帽子をかぶった女性の顔画像

1.紫外線
紫外線は光波長によってA波とB波に分けられます。それぞれダメージが異なりますので、特徴をお読みくださいね。

【シワやたるみの原因になるUV-A】
地上に降り注ぐ紫外線の9割を占めるのが波長の長いUV-Aです。UV-Aは肌の深部である真皮層にまで入り込み、ハリ弾力を保つために重要な線維であるコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。つまりUV-Aを予防しないと、シワやたるみの原因になってしまうのです。

【シミやくすみの原因になるUV-B】
UV-Bは主に表皮にダメージを与えます。日焼けで肌が赤く炎症を起こしてしまうのはUV-Bのしわざ。特に、表皮にあるメラノサイトが刺激されると、メラニン色素が過剰に生成され、肌色がくすんだり、シミができたりしてしまいます。

2.近赤外線
太陽光に含まれる近赤外線も肌ダメージの原因になるってご存じですか? 近赤外線は波長が長いのでエネルギーは弱いのですが、UV-Aよりももっと肌の奥まで届き、じわじわと長期間にわたり肌にダメージを与え続ける光なのです。日焼けをしたことをすっかり忘れたころにガクッと肌の衰えを感じたら、それは近赤外線の影響かもしれません。

近赤外線は肌の深部である真皮よりもさらに奥、皮下組織や筋組織にも届いてしまうため、肌を支える土台そのものが壊れてシワが深くなったり、たるみにつながったりすることも。

アンチエイジングケアを考えるなら、これからの日焼け止め選びは、近赤外線カット効果があるかどうかも見極めのポイントです!

3.ブルーライト
最近の日焼け止めで注目されているのが、ブルーライトカット効果です。ブルーライトは可視光線で、スマホやタブレットから発する青い光として知られていますね。波長の長さでは紫外線のUV-Aに近くエネルギーも強いので、見逃せない光です。

ブルーライトの影響を受けると、肌内に活性酸素が発生し、肌の新陳代謝の要である線維芽細胞の働きが低下し、肌のハリ弾力が失われてしまうことに。素肌が直接ブルーライトにさらされないように、室内でも注意が必要ですね。

様々な光に対応した日焼け止めを選ぼう

帽子をかぶった女性の横顔から右腕にかけての画像

さまざまな光が肌ダメージの原因になること、おわかりいただけたかと思います。今では、日焼け止めは紫外線カット効果だけで選ぶ時代ではなくなりました。毎年しっかり日焼け止めを塗っているのに、夏の終わりに肌ダメージが蓄積している、と感じている人は、紫外線以外の光のダメージを防げていないのが原因かもしれません。

日焼け止めを買うときには、近赤外線やブルーライトなど、新たな光の脅威にもしっかりと対応している日焼け止めを選んでみてくださいね! スキなしの美肌ケアをコツコツ続けることが、いつまでも若々しい肌を保つ一歩になるはずです。

 

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆活動を行う。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. UVケア
  2. 日焼け
  3. 紫外線

関連記事

  1. Beautyいつでも油断大敵! うっかり日焼けを防いで美肌を保つ方法

    いつでも油断大敵! うっかり日焼けを防いで美肌を保つ方法

    9
  2. Beauty通年使える、多機能型UVベースメイクで美肌も透明感もアップ! #Omezaトーク

    通年使える、多機能型UVベースメイクで美肌も透明感もアップ! #Omezaトーク

    75
  3. Beautyたっぷり美容液のパックでうっかり日焼けを集中ケア!!#Omezaトーク

    たっぷり美容液のパックでうっかり日焼けを集中ケア!!#Omezaトーク

    47
  4. Beauty高橋真麻さん「すごいよ!これ!!」 100円グッズで汗を止める“奥の手”とは

    高橋真麻さん「すごいよ!これ!!」 100円グッズで汗を止める“奥の手”とは

    47

あわせて読みたい

Pickup