FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    6

白い花を頭に飾っている女性の画像

紫外線対策が夏だけでは足りないという認識は、美容を気にする女性を中心にじょじょに広まりつつあります。しかしネット上では、「春の紫外線対策って何をすればいいか分からない」「大げさに日傘とか差すのも恥ずかしい気がする」「そもそもどれくらい紫外線が強いの?」と悩む声が多数。暑さが厳しい夏と違って外を歩きたくなる陽気でもあり、日差しを避けるなどの対策をしている人は少ないようです。しかし紫外線対策を怠ると、肌に蓄積されたダメージがシミとなって現れてしまうリスクが。今回は、シミを増やさないための紫外線対策方法をご紹介しましょう。


春の紫外線対策

サングラスをかけて太陽を見上げる女性の画像

4月3日放送の「あさチャン!」(TBS系)では、この日が「シミ対策の日」といわれていることにちなんでシミを防ぐスキンケアについて特集。シロノクリニック銀座の笠井美貴子先生が、紫外線から肌を守る方法を教えてくれました。

一見シミのないきれいな肌でも、皮膚の下には見えないシミ予備軍が潜んでいるかも。シミの原因となる紫外線は3月~5月ごろに増えていくので、春からの対策が必要です。また冬に乾燥でダメージを負った肌は、紫外線にとても弱い状態。さらに花粉による肌の炎症でバリア機能が低下する場合もあるため、早いうちからケアを始めなければなりません。

日本気象協会では、シミ対策に役立つ「シミ・リバウンド指数」を公開中。全国の紫外線レベルを予想し、どれくらいリスクがあるかを数値で示しています。リスク度数は紫外線と湿度などを総合して計算され、4月には早くも全国的にリスク4から5の表示が。天候が悪くても油断できないことがあるので、お出かけの際はチェックしておくといいでしょう。

シミ予防ストレッチ&レシピ

ベンチに座った女性の足の画像

小顔効果やシワ改善のために顔のマッサージをする女性は数多くいますが、やりすぎるとダメージになってしまう恐れがあります。シミ予防に努めたいときは、マッサージは控えめに。その代わりストレッチ専門店「ストレッチベース」の横山雅人さんが、シミ予防ストレッチを伝授してくれました。

運動して代謝を高めると、皮膚の状態が改善され美しい肌に。手軽に代謝をアップさせるには、筋肉量の多い太もも・ふくらはぎをストレッチすると効果的です。横山さんのおすすめは、足をクロスさせながら前屈をする運動。10秒から15秒、1日1回だけでも十分な効果が得られますよ。

ストレッチのほかには、食事でもシミ対策が可能。代謝を上げるビタミンB、美白効果のあるビタミンC、そして抗酸化作用のあるビタミンEを取り入れた食事が理想的です。ビタミンBが豊富なとり肉、ビタミンCが豊富なブロッコリーやトマトでサラダを作り、そこにナッツ類をトッピングすればビタミンEも摂取できるメニューに。体の内側から紫外線を防いでいきましょう。

春から始める紫外線対策は、「ストレッチでシミ予防なんて初めて聞いた!」「どれも早速取り入れられそうでうれしい」「ちゃんと紫外線予報チェックして対策とらなきゃね」と視聴者に大好評。日差しが強くなる夏を迎える前に、肌をいい状態にキープしておきたいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. シミ
  2. 日焼け対策
  3. 紫外線

関連記事

  1. Beauty大発表!20~50代の女性の過半数が「美白・透明肌」をキープしたいと回答

    大発表!20~50代の女性の過半数が「美白・透明肌」をキープしたいと回答

    42
  2. Beauty目のトラブルを引き起こす危険性も!? 知らないと怖い“紫外線”のアレコレ

    目のトラブルを引き起こす危険性も!? 知らないと怖い“紫外線”のアレコレ

    38
  3. Beauty5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    107
  4. Beautyシミ対策化粧品は逆効果!? 皮膚科医が教える目からウロコの「シミ」ケア法

    シミ対策化粧品は逆効果!? 皮膚科医が教える目からウロコの「シミ」ケア法

    64

あわせて読みたい

Pickup