FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    [トマトを長持ちさせる保存法]野菜室にそのままはNG!?

  1. Share

  2. お気に入り

    51

[トマトを長持ちさせる保存法]野菜室にそのままはNG!?

夏野菜のトマトは、高い気温で栽培されるため寒さに強くありません。とはいえ、すぐに使い切れないときは、冷蔵庫などで保存することになります。そこで今回は、できるだけおいしさを長持ちさせるトマトの保存法を紹介します。


保存は野菜室?チルド室?

生のトマトをおいしく食べたいときは、冷蔵庫での保存がおすすめです。トマトに適した保存温度は、10℃前後といわれています。チルド室(設定温度0~1℃)で保存すると温度が低過ぎて傷んでしまうことがあるので、野菜室(設定温度7~10℃)に入れましょう。

冷蔵保存方法のコツは?

トマトは、寒さと外部からの衝撃に弱いため、鮮度を長持ちさせるには次のような保存方法がよいでしょう。

1. 1個ずつキッチンペーパーで包む
2. 包んだトマトを、肉厚で傷みにくいヘタ側を下にして保存用ポリ袋に入れる
3. 冷蔵庫の野菜室に入れる

【保存の目安】
7~10日ほど
すぐに食べきる場合の保存方法はコチラ

memo
・冷やし過ぎると甘みが弱くなるため、常温保存も可能です。ただし、気温が高くなる5~9月にかけては冷蔵庫の野菜室で保存してください。
・適切な温度、湿度で保存しないと、ヘタの部分にカビが生えやすいので注意してください。
その他の野菜の最適貯蔵温度はコチラ

トマトが完熟していない場合の保存法

トマトがまだ青いときは、常温保存で追熟させる方法があります。

1. トマトを1個ずつキッチンペーパーで包む
2. 1日の気温差があまりない冷暗所で、ヘタ側を下にして保存。適温は15~25℃で、保存期間の目安は2~3日
3. 完熟したら、保存用ビニール袋にキッチンペーパーごと入れて口を止め、冷蔵庫の野菜室で保存
その他の、未熟なトマトを追熟させる方法はコチラ

最後に

生のトマトを上手に保存し、おいしく味わってください。

トマトを冷凍でさらに長期保存する場合の方法はコチラ

vege

提供: VEGEDAY powered by KAGOME
毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    51

関連記事

  1. Dietトマトになす!野菜も摂れる[そうめんアレンジレシピ3選]

    トマトになす!野菜も摂れる[そうめんアレンジレシピ3選]

    46
  2. Diet[きのこの冷蔵保存]パックのまま冷蔵はNG!風味を保つ保存法

    [きのこの冷蔵保存]パックのまま冷蔵はNG!風味を保つ保存法

    32
  3. Diet[切り干し大根のアレンジ&リメイクレシピ]春巻きやコロッケに

    [切り干し大根のアレンジ&リメイクレシピ]春巻きやコロッケに

    23
  4. Diet[春菊の保存]袋のままはNG!正しく保存してサラダで食べる

    [春菊の保存]袋のままはNG!正しく保存してサラダで食べる

    24

あわせて読みたい

Pickup