水からorお湯から?とうもろこしのおいしい茹で方|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    7

とうもろこし

甘くておいしいとうもろこしは夏の風物詩。茹でて丸ごとかぶりつく、あの食感と風味はたまらないですよね。実は、茹で方ひとつでその食感や味わいが変わってくるのをご存知ですか?
今回は、おいしさの鍵を握る、とうもろこしの茹で方や調理法についてご紹介します。


とうもろこしは皮つきで茹でる

とうもろこしは皮つきで茹でる

まず、とうもろこしは手に入ったらすぐに茹でるのがおすすめ。収穫直後がとくに甘いといわれているため、すぐに食べない場合でもその日のうちに茹でて、冷蔵保存しましょう。
皮がついているものなら、2~3枚の薄皮ごと茹でると風味が落ちにくく、甘さが引き立ちます。

茹で方で食感も味も変わるとうもろこし

茹で方で食感も味も変わるとうもろこし

とうもろこしは、沸騰させた湯から茹でるか、水から茹でるかで、食感や味に違いが出ます。どちらが正解というのではなく、それぞれおいしさのポイントが違うので、自分の好みの仕上がりになる茹で方を見つけてみてはいかがでしょうか。

茹で方による、食感や味の違い

茹で方による、食感や味の違い

・湯から茹でるとシャキッとする/
沸騰させた湯に入れて3~5分茹でる・・・・・・シャキッとした食感になります。

・水から茹でて沸騰させるとふっくらジューシーに/
水から入れて、沸騰させた後3~5分茹でる・・・・・・ジューシーでふっくらとした仕上がりに。

・水から茹でて沸騰させないと甘みが引き立つ/
水から入れて、沸騰手前の湯面がゆらゆらした状態で15~20分茹でる・・・・・・甘みが引き出され、芳醇な香りがいっそう高まります。

 

また、茹でた後に湯量に対し3%の塩を入れ、4分ほどつけておくと、さらに甘みを引き出すことができます。

まだまだある!おすすめの調理法

とうもろこしのおいしさを引き出す調理法は、茹でる以外にもあります。

電子レンジで蒸す&フライパンで蒸し焼き

電子レンジで蒸すと水っぽくならない/ ラップに包み、電子レンジ(600w)で5分程度加熱して、蒸します。水っぽくならず、味が凝縮されます。皮つきの場合はラップをせず、皮ごと加熱します。

・電子レンジで蒸すと水っぽくならない/
ラップに包み、電子レンジ(600w)で5分程度加熱して、蒸します。水っぽくならず、味が凝縮されます。皮つきの場合はラップをせず、皮ごと加熱します。

 

フライパンで蒸し焼きにするとジューシーに/ 皮数枚とひげを残したまま、片面ずつ焦げるまでフライパンで焼き、その後水を加え、ふたをして蒸し焼きにします。甘みが逃げず、ジューシーな仕上がりに。

・フライパンで蒸し焼きにするとジューシーに/
皮数枚とひげを残したまま、片面ずつ焦げるまでフライパンで焼き、その後水を加え、ふたをして蒸し焼きにします。甘みが逃げず、ジューシーな仕上がりに。

 

最後に

茹でる、蒸す、焼くだけで気軽に食べられて、おやつにもぴったり。ぜひ、家族みんなでおいしいとうもろこしをもりもり食べて、元気に過ごしましょう。

 

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

vegeday

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. とうもろこし
  2. 野菜

関連記事

  1. Diet甘さがカギ!旬のとうもろこしを使ったお手軽レシピ3選

    甘さがカギ!旬のとうもろこしを使ったお手軽レシピ3選

    5
  2. Diet[きのこの冷凍保存]うまみを堪能!冷凍でおいしく、便利に食す

    [きのこの冷凍保存]うまみを堪能!冷凍でおいしく、便利に食す

    5
  3. Diet水とお湯どっちから?ほうれん草やじゃがいもの茹で方のコツ

    水とお湯どっちから?ほうれん草やじゃがいもの茹で方のコツ

    1
  4. Dietなすのあく抜きは必要?水にさらさずできる簡単下ごしらえのコツ

    なすのあく抜きは必要?水にさらさずできる簡単下ごしらえのコツ

    2

あわせて読みたい

Pickup