[オクラの茹で方]おいしい茹で方と、食感を良くする2つのコツ|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    [オクラの茹で方]おいしい茹で方と、食感を良くする2つのコツ

  1. Share

  2. お気に入り

    16

オクラ

さっくりした歯ごたえで、ほどよい粘りと種のプチプチと弾けるような食感が魅力のオクラ。普段あまり使う機会がない方には、茹で加減が難しい野菜かもしれません。実は、オクラをおいしく食べるには、茹でる前のちょっとした下ごしらえにポイントがあります。早速、料理研究家の高城順子先生に教えていただきました。


食感を良くする下ごしらえ2ステップ

オクラは、茹でて使うのが基本。オクラの食感を活かすために欠かせないのが、「ヘタの下処理」と「うぶ毛を取る」ことの2つです。

ヘタの下処理の方法

ヘタの周り(ガク)の硬い部分を、包丁の柄に近い方で面取りするように削り取ります。また、軸の硬い部分も切り落とします。こうすると、ヘタのところまで食べられて、丸ごと天ぷらや炒めものにするなど、余すことなく使えます。

ヘタの周り(ガク)の硬い部分を、包丁の柄に近い方で面取りするように削り取ります。また、軸の硬い部分も切り落とします。こうすると、ヘタのところまで食べられて、丸ごと天ぷらや炒めものにするなど、余すことなく使えます。

先端は切らずに茹でる

茹でる前に先端部分を切り落としてしまうと、切り口から中に水が入り、料理の仕上がりが水っぽくなってしまいます。先端が黒ずんでいる場合は切りますが、この場合も茹でた後に切りましょう。

うぶ毛を取る方法

うぶ毛を取る方法

オクラをサッと水洗いしてボウルに入れ、塩をまぶして写真のように指でやさしくこすります。一度にたくさん処理する場合は、「板ずり」が便利。水洗いしたオクラをまな板の上に置き、塩をふって手のひらでやさしく押さえながら前後に転がして、表面をなめらかにしましょう。

塩を使うことで下味効果に

うぶ毛の処理に塩を使うことで、オクラに下味をつけられるため、一石二鳥で下ごしらえができます。

中までしっかり茹でるときは穴をあける

中までしっかり茹でるときは穴をあける

やわらかめの食感に茹でる場合は、中までしっかり茹でる必要があるため、楊枝などで表面に数カ所穴をあけておくと良いでしょう。空気抜けが良くなるので、茹でている間に膨らみすぎたり、茹でた後にしぼんだりするのを防ぐ効果もあります。

「サッと茹でる」の目安は約1分

沸騰した湯に下ごしらえしたオクラを入れ、サッと茹でます。茹で時間は1分ほど。湯から取り出すタイミングは「オクラを入れた後、湯が再沸騰してから一度だけ向きを返して、ひと呼吸おいてから」と覚えておくと良いでしょう。

「サッと茹でる」の目安は約1分

ガクの下あたりに竹串を刺してチェック

茹で具合を確かめるときは、ガクの下あたりに竹串を刺して、すっと通るくらいになればOKです。

 

冷まし方は、「どのような食感に仕上げたいか」によって使い分けるのがコツ。粘りを逃さず、歯切れの良さを出したいなら、取り出したオクラを氷水にサッとつけてから、すぐザルに上げて冷まします。急激に冷やす「色止め」を行うことで、色が鮮やかになるのもポイントです。

しっかり冷やせないときは、余熱も計算に入れること

急速にしっかり冷やしたいときに、氷がない場合は、余熱でやわらかくなるのを計算に入れて、少し早めに湯から上げるようにしましょう。

ほどよい歯ごたえに仕上げたい場合は、茹で時間を少し短くしましょう。少し硬いと感じる程度でザルに上げ、余熱で中まで熱を通しながら冷まします。

ほどよい歯ごたえに仕上げたい場合は、茹で時間を少し短くしましょう。少し硬いと感じる程度でザルに上げ、余熱で中まで熱を通しながら冷まします。

ほどよい歯ごたえに仕上げたい場合は、茹で時間を少し短くしましょう。少し硬いと感じる程度でザルに上げ、余熱で中まで熱を通しながら冷まします。

オクラは茹で方で食感が一変!異なるおいしさを楽しめる

●歯ごたえを活かす
かために茹でれば、粘りが控えめで、シャキシャキとした食感に。他の食材とあえる場合などに、しっかりとした存在感を出せます。

●とろとろ食感を楽しむ
長めに茹でてやわらかくしてから刻むと、ネバネバ、とろとろの食感が際立ちます。

採れたては茹でなくてもおいしい!

オクラは、出始めの時期(6~7月)のやわらかいものや、採れたてのものなら、生のまま食べられます。水洗いして水気を拭き取り、塩もみしてうぶ毛を取ったら薄切りに。おひたしにしたり、味噌汁に入れたりして食べると、茹でたときとはまた違った食感を楽しめます。

太いものは種を取りましょう

生食に向いているのは、直径1㎝くらいの太さのものまで。それ以上太いものは、皮も種も硬くなります。食感を損なわないよう、種は取り除くと良いでしょう。

 

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

vegeday

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. オクラ
  2. 下ごしらえのコツ
  3. 夏野菜
  4. 秋野菜
  5. 食感を活かす茹で方

関連記事

  1. Diet[きゅうりの栄養]あるorない?きゅうりの栄養と、世界の料理

    [きゅうりの栄養]あるorない?きゅうりの栄養と、世界の料理

    3
  2. Dietモロヘイヤの栄養価と、簡単モロヘイヤスープ&納豆和えの作り方

    モロヘイヤの栄養価と、簡単モロヘイヤスープ&納豆和えの作り方

    3
  3. Diet[かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

    [かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

    6
  4. Healthcare焼きものは米なす、煮ものは長なす[食べ方で選ぶなす&レシピ]

    焼きものは米なす、煮ものは長なす[食べ方で選ぶなす&レシピ]

    3

あわせて読みたい

Pickup