FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    10

[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ

地中海東部沿岸が原産地といわれるキャベツの仲間で、ビタミンCが豊富 。ブロッコリー同様、花蕾(つぼみ)の部分を食べます。加熱してサラダやスープに加えるなどアレンジしやすいのも人気の秘密。白が定番ですが、カラフルな品種も登場しています。


栄養素

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン など

栄養素のポイント

ビタミンCは花蕾(つぼみ)に多く含まれています。ビタミンCの含有量はキャベツの約2倍で、果物と比較しても、イチゴやみかんよりも多いのが特徴です。

ビタミンCはビタミンEと組み合わせると抗酸化作用を高める効果が期待できます。ナッツなどと合わせて調理すると良いでしょう。

おいしく仕上げる秘訣

甘み成分は茎に多く含まれます。ただしこの成分は水溶性なので、加熱は電子レンジや蒸し器を利用するのがおすすめです。

旬・産地

品種改良などにより、現在では一年中手に入ります。しかし、カリフラワーは冷涼な気候でよく育つため、旬は10月頃から。地域により、4~5月頃まで出荷されています。主な産地は徳島、茨城、愛知県などです。

トリビア

日本では第二次世界大戦後に普及

日本には明治初期に渡来しましたが、当時は食用としても観賞用としても普及しませんでした。需要が高まったのは第2次世界大戦後。洋食文化が広まった昭和30年代後半から親しまれるようになりました。
昭和50年代後半には11万トン生産されるようになりましたが、同じ頃にブロッコリーが急速に普及し、カリフラワーの生産は減少。平成25年には1万8千トンまで生産量が減少しました。

いろいろなカリフラワー

白いカリフラワーがポピュラーですが、近年では様々な色や形のカリフラワーを店頭で見かけるようになりました。

・オレンジカリフラワー
花蕾がオレンジ色のカリフラワー。β-カロテンを多く含む。
・紫カリフラワー
アントシアニンを多く含む。茹でるといっそう鮮やかな紫色になる。
・ロマネスコ
イタリア伝統の野菜で、花蕾が黄緑色。ゴツゴツした見た目が特徴。

選び方

おいしいカリフラワーの選び方

花蕾がかたく締まり、こんもりと盛り上がっているものが新鮮。全体的にずっしりとした重みがあるもの、色は変色がなく純白なものを選びましょう。

保存方法・期間

カリフラワーをおいしく保存するコツ

保存するときはラップで包むかビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて入れましょう。すぐに使い切れない場合や鮮度が劣るものは、歯ごたえがしっかり残るかたさに茹でてから冷蔵庫で保存します。

カリフラワーの冷凍保存のコツ

冷凍保存するときは、歯ごたえがしっかり残るかたさに茹でたカリフラワーを手で裂いて小さな房に分けます。水気をよく切って冷まし、密閉袋等に入れて冷凍庫へ。

カリフラワーの保存時の注意

花蕾は収穫後も発達するため、日が経つごとにだんだんすき間ができ、色が褐色に変色していきます。また、乾燥してきて花蕾の量も減少していくので、早めに食べきりましょう。

下ごしらえのコツ

カリフラワーの切り方

●花蕾の切り方(ふたつ割り)

1.葉を取って、花蕾と茎を境目で切り離す。

2.花蕾の真ん中あたりまで切り込みを入れる。

3.切り込みを開き、手で裂いて半分に分ける。

memo

小房に分けるときは、同じ要領で切り込みを入れて手で裂きます。生から炒めたり早く茹でたいときは小房に分けるとスピーディーです。

●茎の切り方

1.外側を厚くむく

2.繊維に沿って縦に切る。

カリフラワーの茹で方
丸ごと茹でると断面が少ないため、うま味が流れ出ずにおいしく仕上がります。

1.鍋に湯を沸かし、沸騰したら茎の方から入れる

2.1~2分で裏返し、花蕾側を茹でる。茎が透き通ってきたら楊枝を刺し、弾力が残るかたさでザルにあげて冷ます。

memo

急ぐときは小房に分けてから茹でましょう。

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

 

vege

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    10
  1. 野菜が食べたい

関連記事

  1. Diet[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?

    [キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?

    1
  2. Diet[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

    [ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

    9
  3. Diet[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

    [小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

    11
  4. Diet[じゃがいもの保存法]不向きな冷凍保存がOKになるひと工夫

    [じゃがいもの保存法]不向きな冷凍保存がOKになるひと工夫

    12

あわせて読みたい

Pickup