FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    [野菜の保存]冷蔵に向かないものも!?野菜の常温ストック術

  1. Share

  2. お気に入り

    11

[野菜の保存]冷蔵に向かないものも!?野菜の常温ストック術

食べものの備蓄というと、缶詰やレトルト食品が思い浮かびますが、実は野菜にも備蓄に向くものがあります。今回は、常温で長く日持ちする野菜と、その保存方法をまとめてご紹介。覚えておけば、たくさん手に入れたときにも役立ちます。


常温保存の基本は、泥付き&丸ごと

常温保存に向いているのは、じゃがいも、さつまいも、里芋などの芋類や、タマネギ、ごぼうなどの根菜類。風味を長持ちさせるため、土や泥がついているものは水洗いせずに、そのまま保存します。いずれの野菜も直射日光は避け、風通しの良い場所に置きましょう。ただし、高温多湿な夏期は常温保存に適さないので、冷蔵保存を。

常温保存できる野菜の保存法

●ごぼう
泥つきのまま新聞紙に包み、風通しの良い冷暗所に立てて保存する。
保存の目安:約2週間

●里芋
泥つきのまま新聞紙に包み、風通しの良い場所に保存する。新聞紙が濡れるほど湿っていると、カビ臭くなることがある。その場合は、1時間ほど天日干しをしてから新聞紙に包むと良い。
保存の目安:約1カ月

●かぼちゃ
丸ごとのまま保存する。カットしたものは傷みやすいため、備蓄には向かない。
保存の目安:約2カ月

●タマネギ(新タマネギは除く)
1個ずつ新聞紙で包む。または、ストッキングに入れ、結び目を作って1個ずつ分けながら包んで(上の写真)、吊るす。ストッキングがない場合は、洗濯ネットやカゴにまとめて入れても良い。
保存の目安:約3~4カ月

●じゃがいも
新聞紙を敷いた段ボール箱に入れる。あれば一緒にリンゴを入れると、リンゴから出るエチレンの働きで発芽しにくくなる。通気性を良くするために箱は閉じず、上に新聞紙を軽くかけておく。
保存の目安:約4カ月
※品種や保存環境にもよりますが、リンゴの日持ちは1~2週間程度なので、長期保存する場合は途中で取り替えてください。

●さつまいも
1本ずつキッチンペーパーで包んでから新聞紙でくるみ、まとめてポリ袋に入れる。
保存の目安:約6カ月

多めに常備しておくと便利

常温保存に適した野菜は、普段から多めに保存しておくと、急に必要になったときや、おかずを1品作り足したいときなどにも重宝します。たくさん手に入れたけど使いきれない、まとめ買いしてしばらく使わない、という場合には、種類に合った適切な方法で保存し、おいしく長持ちさせましょう。

 

vege

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11

関連記事

  1. Diet[なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

    [なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

    2
  2. Diet[そら豆の簡単レシピ]焼き&茹でに飽きたら炒め物や混ぜご飯に

    [そら豆の簡単レシピ]焼き&茹でに飽きたら炒め物や混ぜご飯に

    5
  3. Diet[豆腐サラダの簡単おつまみレシピ]塩昆布やチーズのコクが絶品

    [豆腐サラダの簡単おつまみレシピ]塩昆布やチーズのコクが絶品

    5
  4. Diet野菜料理によく合う!オリーブオイルなど、植物油の種類と特徴

    野菜料理によく合う!オリーブオイルなど、植物油の種類と特徴

    3

あわせて読みたい

Pickup